『リフォーム市場の攻め方』カテゴリーの記事一覧

脱炭素で加速するストック社会シフト

脱炭素で加速するストック社会シフト
  時代の追い風吹くストック市場 コロナ、インフレ、ウクライナ危機と、世の中があらゆる方面で不安定化しているが、向かうべきゴールとして、脱炭素社会の実現という点は揺るがないだろう。 今後半世紀に亘って継続的に取…続きを読む
公開日: 2022年4月1日
    

2021年~2022年 リフォーム業界10大ニュース

2021年~2022年 リフォーム業界10大ニュース
  2021年のリフォーム・ストック業界10大ニュース ①コロナ危機から急回復、リバウンドで受注増へ転じる ②9月から再び供給網を直撃、第2次住宅設備危機 ③中古マンション価格上昇、需要旺盛で在庫減続く ④引き…続きを読む
公開日: 2022年1月13日
    

ウッドショックと強制貯蓄のリフォーム消費

ウッドショックと強制貯蓄のリフォーム消費
  「エコ」と親和性高いリフォーム リフォームという消費行動は、今、非常に盛り上がりやすい環境にあると言える。 一つは、あるものを活かす新築の代替消費という意味合いだ。 環境重視、SDGsの観点から、あるものを…続きを読む
公開日: 2021年7月1日
    

増税+コロナ禍で受注2割減からの反発

増税+コロナ禍で受注2割減からの反発
  増税とコロナの影響~リフォームと新築の違い 1年前はまだコロナが何者かよくわからず、経済へ与える影響がどれくらいのものか、住宅着工にどれだけ影響があるか、未知数であった。 旅行や外食は早期に壊滅的なダメージ…続きを読む
公開日: 2021年4月1日
    

2020~2021年リフォーム業界 10大ニュース

2020~2021年リフォーム業界 10大ニュース
  2020年のリフォーム・ストック業界 10大ニュース ① 消費税+コロナ影響甚大で受注大幅減 ② リフォームのコロナ影響第1波、中国部品生産住設危機 ③ 自然災害、メンテナンス・対災害需要が増える ④ テレ…続きを読む
公開日: 2021年1月13日
    

受注低迷続いた1年、これから倍返しへ

受注低迷続いた1年、これから倍返しへ
  コロナ禍がリフォーム市場に与えたダメージ 消費税が10%に上がってちょうど1年が経った。リフォーム業界としては、非常に厳しい環境下におかれた1年だったかもしれない。 増税後の需要減退が少し落ち着いた頃に、日…続きを読む
公開日: 2020年10月1日
    

ウィズコロナ時代の新しい需要を捉える

ウィズコロナ時代の新しい需要を捉える
    新しい価値観への転換 1年前、令和時代はストックの時代になるという予測の下、ストック市場は将来性が大きいと自信を持っていた。そのことは間違いではないが、今年はあらゆる価値観を変えないといけない世界的な大…続きを読む
公開日: 2020年7月1日
    

コロナ影響以前の持家2万戸割れの衝撃

コロナ影響以前の持家2万戸割れの衝撃
    コロナ影響で世の中は大混乱 世の中が大混乱という悪夢のような月日が続いている。東日本大震災から9年であるが、あの時も原発事故もあり非常事態で先行き不透明な状況が続いた。コロナ騒動は世界中に拡散しているた…続きを読む
公開日: 2020年3月31日
    

2019~2020年リフォーム業界10大ニュース

2019~2020年リフォーム業界10大ニュース
2019年のリフォーム・ストック業界10大ニュース ① 頻発する自然災害、修繕多発と対災害需要が増える ② 消費増税で駆け込み受注あり、後半は反動減で失速 ③ 卒FITにより蓄電池需要が急増、電力買取事業も ④ 空き家8…続きを読む
公開日: 2020年1月9日
    

消費税10%時代はストックが主役

消費税10%時代はストックが主役
  本号が発刊される10月1日、消費税が10%に上がる。住宅業界としてはいよいよ新たな業者選別、淘汰の始まりとも言える時代に突入していく。 新築住宅着工は90万戸以上キープ 新築住宅着工は今のところ、90万戸以上をキープ…続きを読む
公開日: 2019年10月1日
    

リフォーム顧客のモチベーションは千差万別

リフォーム顧客のモチベーションは千差万別
  弊社では季刊誌「TACTリフォーム」を年に4回発刊しています。 この7月に発刊した夏号ではハウスメーカー特集、秋号では専業系リフォーム企業特集など、リフォームをベースに活躍する会社のタイムリーな情報を盛り込んでいます…続きを読む
公開日: 2019年8月5日
    

令和時代はストックを活かす時代

令和時代はストックを活かす時代
    空き家を抑制し、住み続けられる街を形成 令和時代はストックの時代になる。おそらく前半の段階で新築着工は落ち込んでいくと見られ、ストックビジネスなくして、住宅事業をやっていくことが難しくなるはずだ。 まだストックで…続きを読む
公開日: 2019年7月5日
    

次世代住宅ポイントでリフォーム契約へ

次世代住宅ポイントでリフォーム契約へ
平成があと1ヶ月で終わるというタイミングに差し掛かった。今回、特集でも平成を振り返ってみたが、この30年という間に、リフォーム市場自体は大きくなりもせず、また小さく縮小したわけでもない。この点は新築市場とは異なる点で、あ…続きを読む
公開日: 2019年3月29日
    

2018年リフォーム業界10大ニュース

2018年リフォーム業界10大ニュース
 2018年はストック市場拡大に向けて大きく前進する制度がスタートした年であった。ストックビジネス本格化の元年と言っても良いだろう。   2018年のリフォーム・ストック業界10大ニュース ①安心R住宅制度がス…続きを読む
公開日: 2019年1月9日
    

新しい家電量販店の戦略

新しい家電量販店の戦略
 住宅業界の再編がにわかに活発化しているようだ。大企業であるパナソニック、三井不動産、ヤマダ電機が、傘下にある新築住宅会社を完全子会社化して、住宅事業の強化を図るという動きが続いている。この3社、いずれもリフォームにおい…続きを読む
公開日: 2018年9月29日
    

新制度の第二弾施行、民泊時代の幕開け

新制度の第二弾施行、民泊時代の幕開け
  ストック市場にとって大きな転換期を迎えることになるであろう2018年度であるが、第一弾は、安心R住宅とインスペクション説明の制度が4月にスタートした。まだ始まったばかりで、その後市場に変化が起きているかどうかはハッキ…続きを読む
公開日: 2018年6月29日
    

ストック流通時代へ、安心R住宅がスタート!

ストック流通時代へ、安心R住宅がスタート!
 2018 年4月、ストック市場にとっては、極めて大きな転換期を迎えることになる。安心R 住宅、改正宅建業法のインスペクション説明、フラット35 リノベの拡充、中古買取再販の特例税制の4本柱だ。  中古マンションの流通は…続きを読む
公開日: 2018年3月30日
    

中古仲介とリフォームをいかに連携するか

中古仲介とリフォームをいかに連携するか
今年4月から安心R住宅制度が始まり、宅建業法の改正で不動産売買時のインスペクションが本格化すると見られる。中古住宅の流通は住宅産業において国が推し進めている大きなテーマであり、ハウスメーカー、ビルダーもその潮流を捉えて事…続きを読む
公開日: 2018年3月26日
    

キーワードから探す

目的別から探す

こんな業種の方にオススメ

  • フリーワードから探す

    検索結果を絞り込む