月刊TACT―2021年10月号

【1.今月の焦点

  • 環境貢献なくして企業成長なし -   環境と経済の両立を考える 地球温暖化の原因が、大気中のCO2 の濃度上昇であると実証した研究成果が、今年のノーベル物理学賞に選ばれた。 受賞した真鍋氏は1960年代から気候変動予測に取り組み、複雑な物理シス…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

住宅価格を上げるインフレ圧力

  • 資材価格上昇による収益圧迫~住宅価格は上げざるを得ない状況
  • ウッドショックは落ち着き始める~それでも木材価格は下がらない?
  • 世界インフレ懸念とエネルギー不足と円安~住宅価格上昇と購買力のバランス重要

3.特集レポート

1.市場追い風続く、分譲住宅の競争力分析

  • コロナ下落の地価もK字動向~住宅地は需要旺盛で回復地点も増加
  • 建売分譲棟数ランキング~飯田G着工棟数減少、ケイアイ、オープンH伸び
  • アーネストワン19県で建売分譲№1~飯田グループ1位県は全国30県と1県減
  • 首都圏での飯田グループシェアも急落~建売シェア4割、戸建2割を割る
  • 不動産販売事業売上ランキング~1兆円の飯田G、大和、三井不、OH…
  • 着工減と契約好調のねじれは解消~3大分譲系グループが主導権を握る

2.底打ちなるか、アパート市場の競争力分析

  • アパート着工連続マイナスストップ~5ヶ月連続プラスの着工底打ちは本物か
  • 賃貸大手、売上は請負減収、管理増収続く~戸数大幅減で、シェア30%まで低下
  • 県別No1は大東建託が3県減少の36県
  • 受注は19~20年度はほぼ全滅~21年度受注はリバウンドでプラスへ
  • アパート収益力、苦戦の請負利益率が低下~賃貸事業収益率は上昇へ
  • 大手5社の管理戸数は331万戸と8万戸増~本格回復へ向けて賃貸事業両輪シナジーへ

3.広域展開ビルダーのエリア拡大はどこまで進むか

  • 総展の来場者組数は前々年度比でも減少基調
  • コロナ禍20~21年度は新規出店を絞る中、積極攻勢のアイ工務店は100拠点を突破
  • 全国の各地域ブロックで1,000棟に迫るビルダーグループが成長
  • マルチブランドで地域の需要を網羅し、ハウスメーカーの客層も狙いに行く
  • 飯田グループの新規出店はペースダウン~オープンハウス、ケイアイもコロナ以降好調

4.その他

  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • コロナで表面化した多様なニーズへの対応力を磨け~東京

    • 注文住宅においてWEB客をどうフォローするのが正解か?
    • 環境訴求強化で戸建ZEH比率60%超に~旭化成ホームズ
    • リモート商談を上手く活用し丁寧に顧客をランクアップ~住友林業
    • 賃貸住宅受注増、ZEH比率、3階建など、単価アップにこだわり~ミサワホーム
    • 価値訴求を徹底し平均単価6,000万円に~積水ハウス
    • レジデンスモデルの連携で高額層をキャッチ~三井ホーム
    • 一次接客注力で、展示場歩留まり向上~パナソニックホームズ
  • 【ビルダー業界維新】
  • 分譲ビルダーが割拠、コロナ後も戸建需要は旺盛~兵庫

    • 郊外でも土地の仕入れが厳しい状況に
    • 分譲は関西住宅販売、注文はアイ工務店 ~県内着工棟数ランキング
    • WEB戦略を中心にコロナ禍需要をキャッチ、再エネ100%にも取り組む~ヤマト住建
    • 事業多角化、住宅・非住宅の両輪経営~昭和住宅
    • 準規格型・提案型の新商品を投入~三建
  • 【好調ビルダー事例】
  • 「神奈川一チャレンジする会社」としてブランディング~建新

    • 土木事業から建築・不動産、周辺事業に参入
    • 高低差のある土地の開発・造成が強み
    • 職場環境を整え人材採用・育成を強化
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 初回商談での同席のコツ〜同席前準備・同席中の役割・同席後のフィードバック

    • 展示場・現場見学会の場合
    • 資料請求からの予約の場合
    • 紹介から予約の場合
  • 【WEB集客戦略】
  • WEB集客の疑問・悩みにお答えします

    • 自社のホームページから発生する反響は資料請求の比率が高く、来場予約が少ない~来場予約を増やす方法はあるか?
    • スタッフブログの記事は住宅に関連する内容が良いか、スタッフのプライベートが良いか?
    • インスタライブの建物紹介が反響・集客につながった事例はあるか?
    • 資料請求いただいたお客様の追客はどれくらいの頻度が適切か?
    • 資料請求客へのスピード対応は重要だが、資料請求直後の「自動返信メール」でもお客様の印象をアップできるか?
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 「変化への対応」から「変化の共創」へ
  • 新商品・新提案情報 2021年9月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2021年8月 県別着工統計データ】

入会のお申込み

 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2022年6月号 (6/15/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 安いニッポンでの物価上昇と値上げ許容問題 物価上昇が続く、食品は1万品目以上値上げ 物価上昇には敏感な日本人への住宅訴求~高騰するエネルギー価格が大幅に下がる魅力 【3…続きを読む
  • 月刊TACT―2022年5月号 (5/17/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 業績回復と過去最高決算~21年度決算 増収増益で回復、22年度計画の不透明さ 【3.特集レポート】 1.人口減少加速期のグループ強化策 人口減少の加速が住宅着工を下押し…続きを読む
  • 月刊TACT―2022年4月号 (4/15/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 資材インフレ下で達成する過去最高決算 過去最高決算の大手ハウスメーカー~先行2社はコロナ禍勝ち組 注目点は収益の増減~ウッドショック、資材価格高騰影響は? 【3.特集レ…続きを読む
  • 月刊TACT―2022年3月号 (3/15/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 着実に進むリモート働き方改革 コロナ収束でもテレワークが進む~都市部と地方での格差あり オンライン販促・商談が着実に進む中、工事現場もWEBによる遠隔一元管理で効率化 …続きを読む
  • 月刊TACT―2022年2月号 (2/15/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 部材高騰の2022年に利益確保できるか 21年度の決算進捗状況は増収増益、前年は上回りながらも部材価格影響も 堅調な業績はタマホーム~過去最高の業績を更新 【3.特集レ…続きを読む
  • 月刊TACT―2022年1月号 (1/18/2022) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 こどもみらい住宅支援とローン減税検証 2022年は住宅支援制度が変わる~省エネ性能の高い住宅ほどメリット大 こどもみらい住宅支援事業は最大100万円~リフォームでも徹底…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年12月号 (12/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 脱炭素+ネイチャー・ポジティブへ 積水ハウス20年で1,700万本植樹~生物多様性の効果を世界で初めて数値化 ネイチャー・ポジティブ方法論~みんなで取り組むために公開 …続きを読む
  • 月刊TACT―2021年11月号 (11/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 反発の増収増益達成~21年度上期決算 上期リバウンドで大手全社増収増益~21年度通期も好決算見通し 【3.特集レポート】 1.本格回復なるか、21年度下期住宅業界展望 …続きを読む
  • 月刊TACT―2021年10月号 (10/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅価格を上げるインフレ圧力 資材価格上昇による収益圧迫~住宅価格は上げざるを得ない状況 ウッドショックは落ち着き始める~それでも木材価格は下がらない? 世界インフレ懸…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年9月号 (9/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 スムストックが再成長、強化拡大は必須 スムストックは21年6月期1,900棟超え グループ連携で優良ストックの売却情報を リフォームと不動産連携必須~4件に1件は300…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年8月号 (8/16/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅会社が金融を手掛ける時代 住宅、家電、家具、まとめてローン一体化~ヤマダネオバンクが誕生 オープンハウスも金融に参入、不動産業界では初の取り組み 【3.特集レポート…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年7月号 (7/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注大幅プラス、増収増益相次ぐ~ビルダー2020年度決算 ビルダー増収多数、分譲大手の利益は急増 【3.特集レポート】 1.バブルとショックの分譲市場見通し 建売分譲は…続きを読む