月刊TACT―2021年1月号

【1.今月の焦点

  • 2020年住宅業界10大ニュース -   2020年の住宅業界に関連する10大ニュース ① コロナ大打撃、営業自粛、総展閉鎖で4~5月受注大幅減 ② ステイホームで需要が急拡大、明暗は激しく表れ、戸建分譲の契約動向が5 月以降急反発で、軒並み前年を…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

拡充された住宅支援制度に期待!~グリーン住宅は最大100万pt付与

  • 住宅支援制度拡充と住宅ローン減税延長~グリーン住宅ポイントはZEH等40万ポイント
  • リフォームは最大30万ポイントと変わらず~既存住宅購入にも最大45万ポイントを導入

3.特集レポート

1.2021年展望~コロナが変えた新しい住宅業界

  • コロナ克服の2021年スタート~これからの新しい住宅業界での5つの対策
  • 消費増税とコロナで20年度は80万戸割れ~2021年度の着工は80万戸台回復
  • 持家着工は25万戸台へ~中期的に縮小だが支援制度活用で上向くか
  • 賃貸の着工回復まだ遠く、中高層プラス、エリアによる明暗くっきり
  • 追い風の大手分譲系ビルダーの躍進続く、一方で建売着工はマイナス、20年度14万戸割れ
  • ストック流通は早期正常化か~5年連続新築上回る中古マンション、買取再販
  • リフォームは苦戦から回復へ~今年のグリーン住宅ポイントは追加工事訴求
  • ハウスメーカーは海外に強み、20年後半には戸建受注回復も先行き不透明
  • ビルダーのM&A、グループ化が本格化する~3陣営、飯田GとオープンハウスとヤマダHD
  • ポストコロナ時代へ向けて変わる住宅市場~人口の逆流が始まる年になるか

2.低層住宅供給主体別分析~業者間競争力の現状と展望

  • 低層住宅シェアは住宅メーカー苦戦
  • 【持家】500棟以上と200棟未満が健闘
  • 【分譲】500棟以上業者シェア5割視野
  • 【貸家】住宅メーカーシェア反転攻勢
  • 業者数は32,094社、13年で3割減

3.コロナ禍建売増に対する注文住宅の良さ訴求をリモートで行え

  • 注文事業者は、建売か注文かの答えを明確に発信して欲しい
  • リモートFAN化で注文住宅の原点「設計力」をアピールせよ
  • 受注源の多チャンネル化は慎重に
  • 大手メーカーの戸建販売のポイント

4.その他

  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • 有数のハウスメーカー市場も、今は土地なし客対応力次第~愛知
    • 総展集客からの土地なし一次取得層キャッチがポイント
    • 愛知県実績にこだわり続け持家№1を継続中~トヨタホーム
    • 土地なし客でも展示場FAN化を徹底しHTC浜松へ誘致が基本~一条工務店
    • 中部営業本部開設40周年記念でOB紹介が増加中~旭化成ホームズ
    • ハウジングアドバイザリーを活用し高歩留まりで受注大幅増~積水ハウス
    • 毎月の見学会やテクノロジーモデル活用などの徹底力が強み~住友林業
    • 富裕層キャッチ+三井不動産グループ連携力全国№1~三井ホーム
  • 【ビルダー業界維新】
  • コロナ禍をチャンスに変えメーカーシェアを奪えるか~三重
    • 全国中位の市場規模だが分散型で攻めにくい
    • SNS強化と商品差別化徹底で受注好調 、今後はデザイン強化~アサヒグローバル
    • 県外への出店、不動産仲介等業容を拡大~やまぜんホームズ
    • 「おうち時間」の暮らし提案を強化~三交不動産
    • WEB動画とリアルの両輪でブランディング ~ハウスクラフト
    • YouTubeで情報収集する性能こだわり客の指名受注が増加~森大建地産
  • 【好調ビルダー事例】
  • 地域密着・事業多角化ブランディングの好事例~ウスイホーム
    • グループ100億円超、経常利益率10%内外
    • 都心から郊外シフトの戸建需要を掴み建売分譲は前期比30%増の販売ペース
    • 事業多角化がブランディングに寄与
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • コロナと共存する時代の集客戦術〜SNS →自社HP →予約→ファン客にする、4 ステップ
    • 出口→内容→入口で考える
    • SNS系から自社のホームページへ
    • 予約ページへ
    • 予約へ
    • ファンになってもらう
  • 【WEB集客戦略】
  • 「オンラインイベント」、今すぐ実行を!
    • 反響の創出・商談機会の創出~それぞれのイベントを用意する
    • 反響創出=オンライン見学会~最後の「告知」が成否を分ける
    • 商談創出=オンラインセミナー~「売り込み色の弱さ」で集客し次ステップへ
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 想定外の「新しさ」根付いた2020年
  • 新商品・新提案情報 2020年12月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2020年11月 県別着工統計データ】

入会のお申込み


 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2021年9月号 (9/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 スムストックが再成長、強化拡大は必須 スムストックは21年6月期1,900棟超え グループ連携で優良ストックの売却情報を リフォームと不動産連携必須~4件に1件は300…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年8月号 (8/16/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅会社が金融を手掛ける時代 住宅、家電、家具、まとめてローン一体化~ヤマダネオバンクが誕生 オープンハウスも金融に参入、不動産業界では初の取り組み 【3.特集レポート…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年7月号 (7/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注大幅プラス、増収増益相次ぐ~ビルダー2020年度決算 ビルダー増収多数、分譲大手の利益は急増 【3.特集レポート】 1.バブルとショックの分譲市場見通し 建売分譲は…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年6月号 (6/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 何処まで続くかウッドショック 米国住宅着工堅調、木材価格高騰止まらず? 業界は値上げ必至、どうなるウッドショック 【3.特集レポート】 1.ポストコロナ着工80万戸台維…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年5月号 (5/17/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 コロナ減収の中、当初計画は上回る~20年度決算 減収減益多発、21年度計画は回復へ 【3.特集レポート】 1.ビルダー再編~グループ競争力の時代【1】巨大グループが鎬削…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年4月号 (4/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 脱炭素とDXの住生活基本計画 2021年度からの10年間の住宅政策~新たな日常・DX推進、災害対策 住宅ストックの視点から「脱炭素」と住宅循環システム、空き家 【3.特…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年3月号 (3/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注堅調3社の直近決算分析~12月住友林業・ヒノキヤG、1月積水ハウス 住友林業12月期の変更決算~米国事業が全体牽引で増収増益 ヒノキヤグループは5%増益、受注7%増…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年2月号 (2/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 本当に移住希望者は増えているのか~東京転出超過、人口流出は続く? コロナを経験したことによって住み替えたいというニーズが増加 東京都人口は20年5月をピークに減少傾向 …続きを読む
  • 月刊TACT―2021年1月号 (1/18/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 拡充された住宅支援制度に期待!~グリーン住宅は最大100万pt付与 住宅支援制度拡充と住宅ローン減税延長~グリーン住宅ポイントはZEH等40万ポイント リフォームは最大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年12月号 (12/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 海外が支える決算、住宅業界での成長株は? 20年度上期決算で良かった米国戸建市場 住林の海外大幅増収増益、国内住宅上回る 大和ハウスも米国が戸建事業支える 違和感のある…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年11月号 (11/16/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 前年割れ相次ぐ中にも明暗~20年度上期決算 上期減収減益、20年度計画も不透明さ拭えず 【3.特集レポート】 1.視界不良続くコロナ禍の業績見通し 2020年度決算前半…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年10月号 (10/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 積水ハウスのイクメン休業制度と決算見通し 積水ハウスは子育て社員にやさしい会社~イクメン休業取得100%達成 育休制度のプラス効果と「わが家」を世界一幸せな場所にするビ…続きを読む