月刊TACT―2019年9月号

【1.今月の焦点

  • 増税後アライアンスの時代 - 住宅業界でも消費税本番 いよいよ消費増税本番がやってくる。米中と日韓の貿易摩擦等、国際情勢も経済的にも不透明な状況での増税を迎えることになる。まずは住宅に設けられた増税後のメリット政策を前面に打ち出して、このまま増税に立…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

増税直前、改めて10%後の対策

  • 増税後の反動減を抑える
  • リフォームはお得、条件によってはWポイントも可能

3.特集レポート

1.2018~2019年、住宅業界の競争力分析

  • ①増収決算も大手の棟数はマイナス続く、ハウスメーカー低層シェアは21%へ低下
  • ②棟数ランキング、低層積水1位守るが、一条、タマ、ビルダーが好調、飯田も明暗
  • ③低層住宅の県№1ビルダー勢力28県~一条、積水健闘しビルダー県が減る
  • ④戸建ではビルダー29県と1位は3県減、建売分譲では飯田グループ№1が24県
  • ⑤上位は増収多数、売上高過去最高が相次ぎ、増収が大きいのは分譲系
  • ⑥大手の戸建注文売上比率は20%台へ低下~非住宅、賃貸管理、海外が伸ばす
  • ⑦収益力の二極化も続く、大和、積水、旭化成のバランス高収益
  • ⑧大手の純資産額はここ10年で倍増、ビルダー収益は低下も、何が勝敗を分けるか

2.逆風は続くか、アパート市場の競争力分析

  • ①アパート逆風強まる、連続着工減は何処まで
  • ②賃貸大手、売上は請負減収、管理増収~戸数は全体的に減少、シェア32%と微減
  • ③県別No.1は大東建託圧勝も38県に減少
  • ④旭化成は都市型特化で受注プラスと最も堅調、中堅のアパート前期末には駆け込みも
  • ⑤アパート事業の収益力、大手3社は10%内外、請負の収益率は低下、賃貸は上昇へ
  • ⑥大手5社の管理戸数は313万戸、良質なストックを運用する仕組みが必要

3.拡大し続けるビルダーのエリア戦略

  • ①大手ハウスメーカーの展示場数は減少傾向
  • ②中堅メーカー、ビルダーの総展出展増加
  • ③拠点網でもハウスメーカーを凌ぐ飯田グループ
  • ④オープンハウス店舗でホーク・ワン物件の仲介増加
  • ④ケイアイ、グランディは分社化、M&A
  • ⑤ポラスは地元エリアの高シェア守る
  • ⑥ヒノキヤは直販・FCともに拠点数増加
  • ⑦業績低調のレオハウスは店舗を統廃合
  • ⑧近畿のアイ工務店・ヤマト住建は関東拠点増
  • ⑨秀光ビルドは新規出店停滞で棟数横這い
  • ⑩ロゴスホームは北海道から東北進出
  • ⑪ライフデザイン・カバヤは中四国広域展開へ

4.その他

  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • 課題となる土地不足に、グループ連携強化が求められる~宮城

    • ①仙台市内の再開発が加速、地価上昇に対してどう戦略すべきか
    • ②グループ連携をさらに強化し、住み替え客獲得にも注力~積水ハウス
    • ③各エリアにxevoΣモデルを配置し単価アップに貢献~大和ハウス
    • ④初回接客からブレずにZEH&BF訴求 、ZEH比率が上昇中~住友林業
    • ⑤「蔵」を切り口に賃貸住宅を訴求、受注拡大を狙う~ミサワホーム
    • ⑥多層階の実例も増え、狭小地に強いイメージが浸透~パナソニックHs
  • 【ビルダー業界維新】
  • 「大きく立派な家」以外の切り口も重要に~福井

    • ①床面積全国一の福井県も大型住宅が減少~若年単世帯向け商品の需要高まるか
    • ②地場ビルダーと石友グループとの競合増える
    • ③工場見学会でランクアップし歩留まり高める ~永和住宅グループ
    • ④素材・技術のこだわりと女性目線の情報発信 ~エーシングループ
    • ⑤パッシブ、ZEHで差別化するタキナミ
    • ⑥異業種から参入のときめきハウジング
  • 【地域ビルダーの独自化戦略】
  • 建築士によるハイクオリティなプレゼンで顧客を獲得~近藤建設

    • ①地域密着×事業多角化で成長
    • ②注文事業は建築士のプラン提案力で差別化
    • ③貸家事業は戸建の「KASHIYA」が堅調
    • ④親子大工体験イベントやKonKonPark~地域貢献の傍ら、KONDOファンも創出
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 管理職の思い通りに営業スタッフを動かす質問

    • ①人をその気にさせるのは難しい
    • ②質問の進め方のシナリオを作る
    • ③答えを決めてから質問を作る
    • ④ゴールから逆に考えてシナリオにする
  • 【紙上セミナー】
  • 明日から使えるソフト提案事例~エクステリア編

    • ①植栽提案の鉄板トーク
    • ②子育て世帯、建替え世帯に響く提案
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 共働き子育て世帯応援の見せ方
  • 新商品・新提案情報 2019年8月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2019年7月 県別着工統計データ】

入会のお申込み

 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2020年9月号 (9/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 今度はヒノキヤ! またまたヤマダが動く ヒノキヤグループを子会社化へ~ヤマダ電機1万棟住宅事業強化への本気度 ヒノキヤグループはM&Aの巧者 ヒノキヤとヤマダ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年8月号 (8/17/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注悪化のコロナⅠQ決算は耐えた住宅業界 第Ⅰ四半期決算で明暗分かれる~コロナの風の吹き方が鮮明に 住宅では賃貸大手の大東建託は苦戦~営業活動の休止、自粛で受注消滅 大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年7月号 (7/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 概ね増収増益決算、今期は不透明~ビルダー2019年度決算 分譲・注文共に増収多数、利益では明暗 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界⑤ コロナ禍が浮き彫りに…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年6月号 (6/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 テレワーク時代の新生活様式の始まり 在宅時間が長くなる新しい生活様式~家で快適に過ごすための積水5つの提案 大和ハウスのテレワーク型提案2タイプ テレワーク対応型プラン…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年5月号 (5/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 後半失速で受注減、今期見通し立たず~19年度決算 増収増益も、20年度計画は厳しく不透明 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界① コロナ禍の2020年度住宅…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年4月号 (4/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 またヤマダが動く、ビルダー再編進むか レオハウスを買収、ヤマダ電機の住宅事業強化が進む 大塚家具、ヤマダホームズとの連携は? 住宅事業のシナジーがどう出るか 【3.特集…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年3月号 (3/13/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 非常時決算のダメージとサブスクの可能性 積水ハウス決算は過去最高 3月決算、住友林業は進行基準で影響は軽微 定期収入サブスク型のビジネス、マンション管理他 【3.特集レ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年2月号 (2/14/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 東京五輪に向け、木のストロー1000万本 東京オリンピックまで半年何ができるか、地球環境に欠かせないことをやろう 木のストローで2つの環境貢献 東京五輪までに1000万…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年1月号 (1/17/2020) - ※TACT会員様は無料枠あり! 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 2020年代の未来都市構想 2021年着工のスマートシティー建設、トヨタ自動車の未来型都市 未来都市の成果は既存の街再生に活かす 【3.…続きを読む
  • 月刊TACT―2019年12月号 (12/13/2019) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 人生100年時代における安心サービス 新しいサービスを始める旭化成ホームズ、60年無料点検を始動 支払額軽減ローンと買取保証サービス 【3.特集レポート】 1.全国有力…続きを読む
  • 月刊TACT―2019年11月号 (11/15/2019) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 増収増益も、反動減受注マイナスへ~19年度ⅡQ決算 大手8社は全社増収、大幅増益も受注は急落 【3.特集レポート】 1.自然災害に耐えるレジリエンス住宅 ①自然災害多発…続きを読む
  • 月刊TACT―2019年10月号 (10/15/2019) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 持家着工マイナスへ、今期90万戸割れも 影響の住宅着工、持家も減少~全体着工は厳しく4月以降マイナスへ 住宅市場の縮小の始まり~支援制度は反動減抑制が目的 【3.特集レ…続きを読む