ハウスメーカー戸建販売徹底研究セミナー

2019アパート販売徹底研究セミナー

セミナー概要

ハウスメーカー無作為総展撤退による空き区画へのビルダー進出増加が、メーカーシェアダウンに拍車

18年度新設住宅着工戸数は前年度比0.7%増の95.3 万戸。持家では前年比 2.0%増を記録し、再びプラスに転じたものの、ハウスメーカー足元受注は依然厳しい状態のまま。大きな声では言えないが、消費増税による反動減 はそれなりにあるほか、最近は「老後2,000 万円」問題がハウスメーカーにとっては痛手となったようで、住宅取得にMAXの予算を掛けない顧客が続出。

顧客からは、総展にモデルを連ねる企業はそれなりに大手 に見え、タマやアキュラ+総展ビルダーなどの総展ローコストメーカーに票が流れている。一方、何故か時間が無いという顧客も増えており、注文住宅へのこだわり感も減退。プロが考えた企画住宅は最適に思えるケースが増えているようだし、土地無し客なら建売でも十分合わせて住む能力を高まっている印象も大きく、ハウスメーカーは未来の見込み客を先食いされている。

集客も総展での1モデルあたり来場数が更に悪化した印象で、狙い撃ちで来場する顧客が当たり前化。事前認知を高めておかないと集客にも結び付かない。最近は〇〇カウンターが勢いを増し、大量CMで「注文か建売かマンションかを迷う客」を取り込み、モデルハウスに行くなら「記名してはダメ」と知恵をつけるなど、どこに敵がいるのかも良く分からない状態に。
これら市場背景を含め、【足元市場の課題】【販売戦略】【商品戦略】の3つをテーマに、ハウスメーカーが取り組むべき戦略や今後の展開を弊社専務取締役 清水直人が講師としてお話しします。

■価値営業で引き続き高単価狙いの積水ハウス
■更に分譲注力で本気でNo.1狙いのセキスイハイム
■住まい博までやりだした大和ハウス
■併売の悪弊で戸建苦戦?旭化成ホームズ
■平屋増え過ぎ住友林業
■依然謎のままミサワ×パナ×トヨタ
■がんばれ三井ホーム
■どこへ行くのかヤマダホームズ
■最上位商品と最下位商品を同時に訴求し始めた一条工務店
 
講師:住宅産業研究所 専務取締役 清水直人
住友林業(株)での8年間の営業現場経験の後、平成13年3月に住宅産業研究所へ入社。現場営業マンや各地のメーカー・ビルダーへの直接取材を行い、時代にあった住宅販売戦術を分析。それらの分析情報をもとに研修・講演業務を実施している。
一方で月刊TACTなどへの執筆活動も実施。最近はアパート市場の販売分析にも注力し、アパート関連において、住宅会社向けだけでなくオーナー向け、金融機関向けなどの講演や研修実績も多数!

 

内容

第1部 持家市場分析(時間:13:30~14:20)

Ⅰ.市場動向
・西高東低の持家着工。その背景には何があるのか?
・4 月以降の受注感は、ハウスメーカー苦戦、ビルダー好調がより鮮明に、ビルダーシェア拡大はなぜか?

Ⅱ.どう顧客をその気にさせるのか?
・顧客最大の悩みは、そこまで家に金をかけても大丈夫?
・建売に流れる一次取得層増加、それを見過ごしてはダメ

Ⅲ.今後の切り口は?
・今だけのイニシャルコストではなく、どこまで将来を語った計画を提案できるか?
・子育てだけの家づくりは間違いなく失敗する
 

第2部 ハウスメーカー戸建販売分析(時間:14:35~16:30)

Ⅰ.業界動向
・各社受注動向~富裕層を狙った額経営も良いが、営業マン元気にさせるのは土地力で決まる受注数へ
・○○カウンターへの依存度MAXへ、でもそれで良いの?

Ⅱ.各社の切り口、新戦略動向
・販売戦略…明確な一次取得層狙いがさらに拡大へ
・商品戦略…企画商品をフックに集客を獲得、大和で WEB
商品など一次取得にどこまで本気で向き合える?

Ⅲ.人事戦略で組織を活性化させろ
・結局、営業マンがその気になるかどうかは評価と雰囲気
・本気の働き方改革で、営業マンをその気にさせられる?

 

詳細について

詳しい内容はコチラをご確認ください。
 

日程

開催日時 場所
10月24日(木) 13:30 ~16:30 大阪会場:新大阪ブリックビル
最寄り(JR新大阪駅より徒歩1分)
10月25日(金) 東京会場:新宿NSビル
最寄り(JR新宿駅より徒歩7分)

※会場の詳細ならびに地図は、お申し込み後にお送りする受講票にてご案内いたします。

 

受講料金(税込)

月刊ハウスメーカーレポート会員 1名様無料
2人目からはお一人30,000円(税込)
※購読ご案内はこちら
TACT・リフォーム・エクスプレス等、各種会員
※無料枠はご利用いただけません
40,000円/名(税込)
2人目からはお一人30,000円(税込)
 一般受講者(非会員) 45,000円/名(税込)
2人目からはお一人35,000円(税込)

 
 

お申込み方法について

・お申込みフォーム
・お申込み用紙(PDF)をメール送付もしくはFAX
FAX の場合 →この申込書をコピーして、下の記入欄にご記入いただきFAX で送ってください。
メールの場合→jsk-mrk@tact-jsk.co.jpに下の情報をメールしてください。
※申込方法についてのお問合せは、弊社 阿我田(あがた)まで、お電話でお願いします。
TEL:03-3358-1407
※このセミナーの内容についてのお問い合わせは、清水まで。
・開催についてのご案内と請求書について
・お申込後、ご担当者様へ受講票・案内図・請求書を郵送します。
・受講料はセミナー前日までのお振り込みをお願いたします。
・開催日まで7日以内のお申込は、お手数ですが電話にてご連絡をお願いたします。
 

お申込みフォーム

お申込み企業様情報

必須貴社名
必須郵便番号(半角数字)
必須住所
※こちらのご住所に受講票をお送りいたします
必須電話番号
FAX番号
必須連絡者メールアドレス
※こちらのアドレスに申込み完了メールをお送りいたします
必須連絡者メールアドレス(確認用)
当社サービスのご入会状況
会員No.またはID

参加希望者

必須部署・役職 必須お名前 必須希望日程
参加者1
参加者2
参加者3
参加者4
備考欄

こちらの内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

【お申込みについて】
・お申込みの送信が完了しましたら、jsk-mrk@tact-jsk.co.jpより受付完了の旨の自動返信メールが届きます。
 迷惑メールフィルターを設定の方は、上記のアドレスの受信許可設定をした上でお申込みください。
・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度フォームよりお申込みくださいませ。

 お申込み用紙(PDF)

 お申込み用紙(PDF)

送付先は、メール(jsk-mrk@tact-jsk.co.jp)もしくはFAX(03-3358-1429)宛にお願いいたします。