月刊TACT―2021年2月号

【1.今月の焦点

  • 非常事態も安定した供給体制を目指す - コロナ禍がまだ始まったばかりの1 年前、トイレを始めとした部材調達で苦労した。部品の一部を中国で生産していたため、製品の生産自体が滞って、国内の供給が逼迫した。 2ヶ月程で平常に戻ったが、今後も何らかの変化で同様のことは…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

本当に移住希望者は増えているのか~東京転出超過、人口流出は続く?

  • コロナを経験したことによって住み替えたいというニーズが増加
  • 東京都人口は20年5月をピークに減少傾向
  • 2地域居住、別荘需要への関心も高まる

3.特集レポート

1.2021年の市場回復期待とコロナ影響予測

  • 2021年はウィズコロナ継続、緊急事態宣言明けに動き出す
  • 市場ムードは9月末に掛けて尻上がりか~オンライン商談+支援制度の徹底訴求
  • ニューノーマル仕様の商品続出がカギ?~好決算のタマホームの強さ
  • 分譲住宅二極化、都心VS郊外~追い風続き、利便性の高い住宅が求められる
  • 自然災害とコロナ併せての備え~太陽光発電無料設置から移住まで
  • 雇用不安と景気不安と株高バブル懸念~2020年計着工81.5万戸、21年度83万戸目指す

2.市場シフトが進むか、成長持続のストック戦略~リフォーム+既存ストック流通で事業拡大へ

  • コロナ禍が変えた消費者の目~新築もリフォームもニューノーマル需要は続く
  • 脱炭素への動きは追い風~リフォーム・ストック業界は環境貢献度が高い
  • 人生100年時代、空き家削減の長期点検戦略~カチタス等の空き家再生事業も活発化
  • 既存ストック流通の時代が始まった~首都圏中古マンション、戸建とも急回復
  • 買取再販と個人間売買、共に需要活発化~スター・マイカ出せば売れるが保有物件減少
  • 大手ハウスメーカーは買取再販も強化か~大和グループ先行、積水化学も参入

3.市区町別低層住宅着工棟数シェアランキング

  • 分譲ビルダー1位の自治体が増加傾向
  • 飯田グループのNo.1掌握率は23.6% 、一条とオープンハウスのNo.1自治体数増加
  • 市区町No.1の平均シェアは9.5%~オープンハウスが東京・神奈川で高シェア
  • エリア別シェアランキング(北海道・東北、北関東、首都圏、北信越、東海、近畿、中四国、九州)

4.その他

  • 【住宅メーカーの受注動向レポート】
  • 着工戸数は続落、コロナ明けに需要急増も〈2020年度・第3四半期(10~12月)〉

    • 着工は苦戦続く、持家は16ヶ月ぶり増
    • メーカー受注 ~再びマイナスに転落
  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • 県内の都会と田舎でバランス良く異なる戦略を~神奈川

    • コロナ禍での転入超過で沸く郊外
    • 各種紹介、WEB予約、資料請求などの非展示場受注が増加~旭化成ホームズ
    • コロナ禍における「家の中」志向客を上手くキャッチ~住友林業
    • 高付加価値路線追求で平均単価5,000万円に~積水ハウス
    • 小田原モデルでESG経営を体現する大規模改造に着手~三井ホーム
    • 港北ICに体感型ショールーム「ギャラリーパーク」開設~東京セキスイハイム
    • 一次取得層を上手くキャッチし戸建受注好調~パナソニックホームズ
    • 事業部間連携が進むなど総合力が進化~大和ハウス工業
  • 【ビルダー業界維新】
  • 競合の舞台は総展からWEBへ、コロナ禍で加速~静岡

    • ハイムと浜松出身一条がトップ争い~2大都市、静岡・浜松は地場ビルダーが存在感
    • 良デザイン×低価格のグランアーキ発売、都市エリア戦略を構築~ホームポジション
    • コロナ禍で建売販売の比重高まる、Z空調の販売がスタート~遠州鉄道
    • 「土間」のある家づくり、静岡から愛知、関東へ~福工房
    • WEB反響からの受注強化、新ブランドで沖縄進出~百年住宅
    • 新規集客苦戦も、紹介戦略で受注確保、静鉄グループ向け販促も奏功~静鉄ホームズ
  • 【住宅業界のDX戦略】
  • BIM普及へコンサルサービススタート~フリーダムアーキテクツデザイン

    • 海外に後れを取る日本建設業界~住宅業界のBIM導入企業は数えるほど
    • 国内初のBIMベースでの確認申請、ベトナムにはBIMセンターを開設
    • 戸建事業におけるBIM導入の目的~第一にフロントローディング
    • BIMコンサルサービススタート~導入から運用まで手厚くサポート
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 新入社員研修の準備(注文住宅の場合)〜注文住宅は、注文を聞いてからつくる

    • 聞いてからつくる
    • 聞く順番に注意する
    • 営業活動の進め方
  • 【WEB集客戦略】
  • WEBにリソースを割けない会社の「優先順位」

    • 最優先は反響率の改善、注力すべきはホームページの「動線」「掲載情報の量・質」
    • アクセス数は検索エンジン広告で、来場率は「会える反響」増えれば後回しも可
    • 大前提は「WEBへのリソース投下」、まずは確度高い施策に集中し成功体験を
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 2021年は「おうちづくり」の楽しさ訴求を
  • 新商品・新提案情報 2021年1月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2020年12月 県別着工統計データ】

入会のお申込み


 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2021年2月号 (2/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 本当に移住希望者は増えているのか~東京転出超過、人口流出は続く? コロナを経験したことによって住み替えたいというニーズが増加 東京都人口は20年5月をピークに減少傾向 …続きを読む
  • 月刊TACT―2021年1月号 (1/18/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 拡充された住宅支援制度に期待!~グリーン住宅は最大100万pt付与 住宅支援制度拡充と住宅ローン減税延長~グリーン住宅ポイントはZEH等40万ポイント リフォームは最大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年12月号 (12/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 海外が支える決算、住宅業界での成長株は? 20年度上期決算で良かった米国戸建市場 住林の海外大幅増収増益、国内住宅上回る 大和ハウスも米国が戸建事業支える 違和感のある…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年11月号 (11/16/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 前年割れ相次ぐ中にも明暗~20年度上期決算 上期減収減益、20年度計画も不透明さ拭えず 【3.特集レポート】 1.視界不良続くコロナ禍の業績見通し 2020年度決算前半…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年10月号 (10/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 積水ハウスのイクメン休業制度と決算見通し 積水ハウスは子育て社員にやさしい会社~イクメン休業取得100%達成 育休制度のプラス効果と「わが家」を世界一幸せな場所にするビ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年9月号 (9/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 今度はヒノキヤ! またまたヤマダが動く ヒノキヤグループを子会社化へ~ヤマダ電機1万棟住宅事業強化への本気度 ヒノキヤグループはM&Aの巧者 ヒノキヤとヤマダ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年8月号 (8/17/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注悪化のコロナⅠQ決算は耐えた住宅業界 第Ⅰ四半期決算で明暗分かれる~コロナの風の吹き方が鮮明に 住宅では賃貸大手の大東建託は苦戦~営業活動の休止、自粛で受注消滅 大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年7月号 (7/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 概ね増収増益決算、今期は不透明~ビルダー2019年度決算 分譲・注文共に増収多数、利益では明暗 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界⑤ コロナ禍が浮き彫りに…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年6月号 (6/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 テレワーク時代の新生活様式の始まり 在宅時間が長くなる新しい生活様式~家で快適に過ごすための積水5つの提案 大和ハウスのテレワーク型提案2タイプ テレワーク対応型プラン…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年5月号 (5/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 後半失速で受注減、今期見通し立たず~19年度決算 増収増益も、20年度計画は厳しく不透明 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界① コロナ禍の2020年度住宅…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年4月号 (4/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 またヤマダが動く、ビルダー再編進むか レオハウスを買収、ヤマダ電機の住宅事業強化が進む 大塚家具、ヤマダホームズとの連携は? 住宅事業のシナジーがどう出るか 【3.特集…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年3月号 (3/13/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 非常時決算のダメージとサブスクの可能性 積水ハウス決算は過去最高 3月決算、住友林業は進行基準で影響は軽微 定期収入サブスク型のビジネス、マンション管理他 【3.特集レ…続きを読む