月刊TACT―2019年11月号

【1.今月の焦点

  • 蓄電池の本格普及時代が到来 -   台風による甚大な被害 今年の秋は台風による甚大な被害、首里城火災等、水害と風害、火災という様々な衝撃的な出来事に心を痛めた秋だった。 一方で自国開催のラグビーワールドカップでの感動やインバウンド経済効果等、…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

増収増益も、反動減受注マイナスへ~19年度ⅡQ決算

  • 大手8社は全社増収、大幅増益も受注は急落

3.特集レポート

1.自然災害に耐えるレジリエンス住宅

  • ①自然災害多発による防災意識高まり、一次、二次被害の抑制と居住地の選別
  • ②レジリエンス商品の発売相次ぐ、水害対策から製水による二次被害対策
  • ③レジリエンス分譲団地、積水化学の大規模複合開発の徹底した備え
  • ④防災から減災、縮災、出来る限りの備えを~金利引き下げによる支援プランも
  • ⑤卒FITで蓄電池需要が拡大、エネファームの普及も進む可能性あり
  • ⑥IoTとV2H、EV市場の拡大とも関連
  • ⑦アキュラホームは展示場を防災拠点に

2.新しい住宅業界へ向け、統合や提携が加速

  • ①あらゆる業界が転換期に向かい、経営統合や業務提携の動きが加速する
  • ②新しいタイプのアライアンス、背景にある住宅業界のターニングポイント
  • ③ニューアライアンスが始動、新時代へのホームネットの挑戦
  • ④飯田グループの不動産市場影響力と不動産テックの台頭
  • ⑤医療、物流ドライバー課題解決で企業間連携
  • ⑥人材を集めるためのM&A、ダイバーシティ、多拠点子会社展開

3.FC・VCのトレンドと競争力分析

  • ①アイフル2900棟、オーガニック、R+が上位に
  • ②加盟店1社当たりの棟数は桧家住宅がNo.1~平均は1社当たり18.6棟、1店舗当たり12.5棟
  • ③マルチブランドで加盟店囲い込み
  • ④FC本部のコト訴求型リブランディング
  • ⑤WEBを活用するプロモーションの強化
  • ⑥加盟店支援はよりコンサル的要素が強く
  • ⑦ビルダー・工務店の非住宅建築参入を支援

4.その他

  • 【住宅メーカーの受注動向レポート】
  • 上半期は受注・集客戻らず、通期見通しも下方修正〈2019年度・第2四半期(7~9月)〉

    • ①着工は2四半期連続減、持家も減少に
    • ②メーカー受注~マイナス幅が拡大
  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • 総展集客減が顕著、メーカー一致団結での取り組みが必要~新潟

    • ①圧倒的ビルダー市場、総展での盛り上げ必要か
    • ②ブランド№1、蔵提案好調、非住宅にも存在感~ミサワホーム北越
    • ③技術スタッフによるイベントで受注拡大図る~積水ハウス
    • ④分譲モデル強化、xevoΣの高い商品力にも期待~大和ハウス
    • ⑤木質感訴求など得意分野でファン化促す~住友林業
    • ⑥駅南に新たなシンボルとなるデザインメゾン着工~三井ホーム
  • 【ビルダー業界維新】
  • 四国最大の住宅市場、コラボ依然成長軌道か~愛媛

    • ①19年度持家着工戸数上半期も上振れ
    • ②デザイン住宅勢とローコスト勢が伸びる
    • ③県外進出進む、来年には大阪と秋田へ、2泊3日インターンで学生確保~コラボハウス
    • ④注文「サンエルホーム」主軸、後発の建売「しあわせ住まい」も好調~幹建設
    • ⑤「ニコニコ住宅」と「モミの木のいえ」の2ブランド戦略~アットハウジング
    • ⑥愛媛ビルダーで唯一、GD賞2件受賞、徹底した顧客目線の家づくり~クリエイト伸
  • 【FC・VC分析シリーズ】
  • 直営店と競い合い桧家ブランドのシェア高める~桧家住宅FC

    • ①加盟店1社当たりの販売棟数は40棟超
    • ②直営店の商品・ツールをそのまま水平展開
    • ③「Z空調」の外販パートナーは工務店・ビルダー200社、建材店100社
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 金額で負ける場合は見積書の見せ方を工夫しよう

    • ①管理客向けセミナーにて
    • ②見積書の見方を教える
    • ③見せるタイミング
    • ④プライミング効果
  • 【紙上セミナー】
  • 働き方改革にも繋がる、決定率アップ手法

    • ①プラン、見積もりの無駄打ちが無くなる
    • ②お金を要求することで顧客の本気度が分かる
    • ③確度を上げてからお金を預かる
  • 【広告に見る住宅業界】
  • ファミリー層にも広がる平屋訴求
  • 新商品・新提案情報 2019年10月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2019年9月 県別着工統計データ】

入会のお申込み

 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2024年2月号 (2/15/2024) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 年初から盛り上がるM&A協奏曲~積水米国法人7,200億円買収、大和はリフォーム強化 積水ハウスの攻めの一手~年間15,000戸、米国第5位に浮上 国内はインテリア強化…続きを読む
  • 月刊TACT―2024年1月号 (1/18/2024) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 耐震と断熱リフォームでストック性能向上へ~今年も手厚いリフォーム補助金 新築は耐震性能の一歩先へ、住宅ストックの耐震性向上は急務 住宅支援制度2024年も子育て層に手厚…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年12月号 (12/15/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 分譲業者の収益力低下は何処まで続くか 分譲市場の苦境が続く?~超高収益から利益急低下へ オープンハウスの戸建事業も一旦踊り場、今期予想では上場後初めて減益 【3.特集レ…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年11月号 (11/15/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 売上過去最高も減益決算相次ぐ~23 年度上期決算 戸建の減益をその他でカバー 売上高は過去最高更新、今期上方修正も 【3.特集レポート】 1.住宅業界の四重苦を乗り切る…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年10月号 (10/16/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 分譲事業で攻めに転じるハウスメーカー~大和・積水の新・不動産戦略 用地確保は整った!~大和ハウスの分譲・土地の受注プラス圏推移 積水ハウスの分譲住宅は大幅増収増益~優良…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年9月号 (9/15/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 「BIM」×「メタバース」でプラン検討を効率化~大和ハウスグループ「D’s BIM ROOM」 BIM利用率業界トップクラスの大和ハウス~意匠、構造だけでなく設備設計も…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年8月号 (8/18/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 リノベーションのコラボレーション~積水化学×リノベる リノベると積水化学の資本業務提携 第一弾協業物件が登場~積水化学のマルリノ断熱リノベ 【3.特集レポート】 1.オ…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年7月号 (7/14/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 分譲大手増収維持も一転減益~ビルダー2022年度決算 大手ビルダー概ね増収、分譲系は二桁減益も 【3.特集レポート】 1.コロナ禍総決算③ 分譲市場の明暗、激変の3年戦…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年6月号 (6/15/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 日経平均株価急騰、住宅会社の実力は? 日経平均バブル期以来最高値更新!~6月は一気に32,000円超えまで上昇 住友林業、タマホームの株価はしっかり上昇 オープンハウス…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年5月号 (5/17/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 戸建苦戦も過去最高決算相次ぐ~22年度決算 戸建減益を他でカバー、23年度は国内で稼ぐ 【3.特集レポート】 1.持家25万戸割れ時代の始まり 持家25万戸割れ、20年…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年4月号 (4/14/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 早期に手を打て!リフォーム二刀流 莫大な補助金で今年は窓断熱を徹底訴求!~高性能窓リノベで補助金上限200万円 水回りエコリフォームも訴求~窓+こどもエコすまい支援事業…続きを読む
  • 月刊TACT―2023年3月号 (3/15/2023) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 1月持家着工は過去最低水準16,000戸台 これまで見たことのない着工数まで減少、1月の持家着工は16,627戸 持家着工のワーストは2020年以降に多発 各社の受注動…続きを読む

 

by .