季刊TACTリフォーム―2018年夏号

 

【特集1】 ハウスメーカーリフォームの再成長が始まる!~効率化とストック流通

 ・メーカーリフォームの成長はストップ? リフォーム売上比率は年々低下で7%
 ・再成長のカギはグループ連携と生産性アップ~大手リフォームのIT化は意外と進んでいない
 ・伸びない営業マン数~リフォーム営業マン比率は29%と横ばい
 ・オーナーへのアプローチは受注への一歩~20年超の適齢期リフォームを狙う
 ・営業マン、工事、点検員の役割分担~効率化のカギは手離れ
 ・オーナーストックの人員配置~御用聞き女性活用でターゲット接触を増やす
 ・売上停滞でOB客捕捉率は低下傾向~グループ連携でストック捕捉率アップ
 ・ストック住宅流通へ、安心R住宅始動~大和ハウスはリブネスでブランド戦略
   

【特集2】リフォーム全体的な停滞から脱却目指せ~2017年度リフォーム売上高ランキング

 ・リフォーム市場の拡大に何が必要か
 ・リフォーム売上高ランキング~単体では住不が首位、大和、三井も堅調
 ・グループ売上高ランキング~総合ランキングでは積水ハウス4連覇
 ・戸建・アパートリフォームランキング~主力の戸建は混戦、ヤマダ電機が動く
 ・マンションリフォームランキング~住不1位、三井、大京に東急も新会社設立
 ・中古買取再販ビジネスも明暗分かれる~カチタス、インテリックスは成長、大京失速
   

【特集3】新業態ストック事業の最新動向~インテリア、非住宅、民泊、空き家、エネルギー 

 ・ストックビジネスの新業態へ発想転換
 ・インテリア、家具と家電のリフォーム~ヤマダ電機の住関連ビジネス
 ・オフィス、商業施設とコンバージョン~住林、大和、ミサワ強化の非住宅リフォーム
 ・ホテル改修にニーズ、リビタはリノベホテル~民泊ビジネスも将来性はあるか?
 ・空き家ビジネスは成り立つのか~これからは空き家予備軍に手を付ける
 ・エネルギービジネスとしてのリフォーム~太陽光から蓄電池、断熱化、そしてZEHへ

   

【今季の焦点】新制度の第二弾施行、民泊時代の幕開け

 ・地域活性化にもつながる民泊にチャレンジしよう

【ハウスメーカー四半期レポート】17年度は明暗分かれるも、今期受注は好発進

 ・大和、住林、住不、パナ、三井がプラス
 ・受注の動向では今年から上向きか

【営業講座】新規客(OB客以外)をドラマチック事例紹介で獲得する 

 ・集客は事例紹介で 
 ・事例紹介をドラマチックにする具体的な方法 

【業界トピック】民泊新法、上限180日をいかに乗り切るか

 ・民泊新法施行、参入には新法事業届出が必須要件
 ・営業日数180日が上限、不在型は第三者管理が必須

IT・WEB戦略「ホームプロ」成約者調査2017~高額案件獲得はネットでの「見せ方」と「追客」に工夫を

 ・中~高単価のリフォーム案件が多数成約、平均218.5万円 
 ・現地調査・商談獲得には「対応スピード」がより重要に

 

 

 

 

■過去の『季刊TACTリフォーム』

  • 季刊TACTリフォーム―2024年冬号 (1/15/2024) - 【今季のテーマ】2023年リフォーム市場総まとめ!マンションリフォーム最新動向を追う! 2023年を振り返ると、リフォーム市場は、3省連携の大型補助金の恩恵を受けて、窓リノベブームから始まりました。 先進的窓リノベは総額…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2023年秋号 (10/2/2023) - 【今季のテーマ】コロナ禍決算を振り返る!リフォーム専業系の現在地を追う! リフォーム市場に吹いている追い風は、これからもまだ続くの でしょうか。直近1~2年の動向からは、受注、利益の両面で新築戸建事業よりも堅調さが窺える…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2023年夏号 (7/3/2023) - 【今季のテーマ】2022年決算絶好調!ハウスリフォーム事業の真実 日本は人口減少国で、今やどの業界でも人手が足りないという状況下にあります。女性と高齢者の労働参加率を高めることで人口減少に対処してきましたが、それもいよい…続きを読む

 

by .