季刊TACTリフォーム―2018年秋号

 

【特集1】 リフォーム会社の収益力分析~増税後の収益力は低下から回復へ

 ・17年度決算はまだ停滞、減益も相次ぐが、回復の予兆は見える
 ・収益力ランキング、旭化成10%超で首位、大和、石友、専業系も一部利益上昇
 ・総合収益力は、旭化成、大和、石友、積水
 ・中期的に生産性はやや低下、粗利は上昇傾向
 ・経費比率は売上に対して3割水準、メーカーは人件費で経費の7割
 ・財務指標比較 (1)メーカー系、自己資本比率は5割水準へ
 ・財務指標比較 (2)専業リフォームは自己資本低下傾向か
 ・効率か高単価、どの価格帯を狙っていくか~人材の育成・成長が収益のカギ
   

【特集2】専業系リフォームの競争力分析~専業系10社合算で800億円規模に成長

 ・専業系リフォーム企業概ね堅調
 ・ナカヤマはヤマダ電機に吸収され離脱、ニッカホームが専業系ナンバーワン
 ・専業系企業の店舗展開戦略とは~リフォーム専業系企業の県別店舗数比較
 ・従業員生産性は横ばいが続く~店舗効率と従業員1人当たり売上高
 ・WEB戦略に注力、実店舗戦略も~広告宣伝と販促手法
 ・従業員の生産性を向上するために
   

【特集3】リフォームもテクノロジーで業務改善の時代へ~効率化と顧客満足 

 ・ITによる新しい時代の到来
 ・集客面での変化、SNS、ブログのサポート
 ・3D建築CADとVRで体感販促
 ・瞬時に簡単見積もりでスピード営業
 ・工事管理はクラウドで一元化

   

【今季の焦点】新しい家電量販店の戦略

 ・家電と住宅のマッチングで“暮らしまるごと”訴求

【ハウスメーカー四半期レポート】第1四半期、そろそろ受注回復見えたか

 ・売上も一応プラスへ、受注は回復基調か
 ・増税まで1年、第Ⅱ四半期で更にプラスへ

【営業講座】新規客(OB客以外)を差別化提案で捕捉する 

 ・ヒアリングでは「欲しいモノ」ではなく「したいコト」を聞く
 ・3つの「したいコト」を確認して、提案する前に差別化する

【業界トピック】リフォームパッケージ商品で潜在客を捉まえよう!

 ・断熱リフォーム~中古購入者からシニア世代まで捕捉
 ・異なるグレードのフルリフォーム商品で選択肢を増やす

 

 

 

 

■過去の『季刊TACTリフォーム』

  • 季刊TACTリフォーム―2024年冬号 (1/15/2024) - 【今季のテーマ】2023年リフォーム市場総まとめ!マンションリフォーム最新動向を追う! 2023年を振り返ると、リフォーム市場は、3省連携の大型補助金の恩恵を受けて、窓リノベブームから始まりました。 先進的窓リノベは総額…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2023年秋号 (10/2/2023) - 【今季のテーマ】コロナ禍決算を振り返る!リフォーム専業系の現在地を追う! リフォーム市場に吹いている追い風は、これからもまだ続くの でしょうか。直近1~2年の動向からは、受注、利益の両面で新築戸建事業よりも堅調さが窺える…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2023年夏号 (7/3/2023) - 【今季のテーマ】2022年決算絶好調!ハウスリフォーム事業の真実 日本は人口減少国で、今やどの業界でも人手が足りないという状況下にあります。女性と高齢者の労働参加率を高めることで人口減少に対処してきましたが、それもいよい…続きを読む

 

by .