月刊TACT―2020年12月号

【1.今月の焦点

  • コロナ禍の2020年総括 -   できないコトを穴埋めするためのモノ消費へ 大変な1年だった。価値観を変えた1年でもあった。 コロナで世の中全体が甚大な影響を受け、需要が消滅して崖を転がり落ちた業界もあった中、住宅業界は追い風すら受けた部分…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

海外が支える決算、住宅業界での成長株は?

  • 20年度上期決算で良かった米国戸建市場
  • 住林の海外大幅増収増益、国内住宅上回る
  • 大和ハウスも米国が戸建事業支える
  • 違和感のある世界的株高、住宅業界での株価動向は?

3.特集レポート

1.全国有力ビルダーが動く、激変の前触れ

  • 住宅市場激変の前触れか、強豪ビルダー同士が手を組む業界大再編
  • ビルダー上位の棟数シェア拡大続く、19年度は全国低層住宅の20%超え
  • 大手ビルダー、19年度は概ね増収~老舗大手も成長、100億円超注文系高い伸び
  • 成長性ランキング~中堅や新興勢力拡大、大手ではケイアイG、アイ工務店、クラシス
  • 19年度経常利益率ランキング~分譲、注文共に上位の収益力は上昇へ
  • ビルダーへ人々のニーズが向かうか~コロナ時代の新たな住宅業界へ移っていく

2.住宅メーカーのwithコロナ対応と新潮流

  • 住宅着工数のコロナ影響は▲7%前後
  • 販売はオンライン対策&リアル拠点刷新
  • 設計~施工のオンライン化も開始
  • スーパーシティ始動、次世代の分譲提案
  • 省エネはZEHから光熱費表示へ
  • 防災住宅仕様は「耐水害住宅」が話題
  • 都市部住宅や非住宅需要も狙う

3.withコロナ時代のビルダー経営戦略~アンケート分析

  • ビルダーの 20年度上期集客・受注はコロナのピンチをチャンスに変えられている?
  • WEB広告予算の増加、SNSが集客に貢献~オンラインをいかにオフライン集客につなげるか
  • 収益力の強化・生産性の向上が重視される~“攻め”よりも“守り”の戦略がトレンド?
  • 注文住宅の平均価格は2,218万円~商品テーマは「子育て・共働き・家事」
  • ビルダー人材は新卒の採用・育成が重要~採用もモノからコトへの転換を
  • ポストコロナ時代を勝ち抜くビルダーに共通するキーワードは?

4.その他

  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • コロナ以降、コロナと再来年の三隣亡を見据えた展開が必須~山形

    • 20年度上期着工は三隣亡の反動で増加も増加幅は小さく実質マイナス
    • コロナによる集客減を多方面でカバーし受注を維持~東北ミサワホーム
    • コロナに配慮したイベントを増やし受注維持を狙う~積水ハウス
    • WEBコンテンツ「マイホームパーク」でファン化促進~住友林業
    • 顧客に応じた営業マンの振り分けで資料請求からの契約伸ばす~セキスイハイム東北
  • 【ビルダー業界維新】
  • 岡山・倉敷2点攻略と土地戦略がシェア拡大の鍵~岡山

    • 戸建着工に占めるビルダーシェアが約5割に
    • 4月以降、前年同月を上回る受注を継続~ライフデザイン・カバヤ
    • マルチブランド戦略にシフトし建売も強化 ~ヘルシーホーム
    • ショールームと動画の活用で営業スキルを平準化~イシン住宅研究所
    • アイム・コラボレーションは倉敷に新店舗
    • ミナモト建築工房はコロナ以降も高生産性を維持
    • 岡山エリアの拠点としてカフェをオープン~小川建美
  • 【新時代の住宅】
  • 停電しない、電気を買わないEV時代の家

    • エネルギー自給自足の時代の5つの約束
    • 上越モデルハウスオープン~自然災害多発、停電時にも安心の家
    • コロナ禍ニューノーマルな換気システム
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 表現の仕方を変えて、差別化する〜初回接客で、フレーミングを3 回、形を変えて行おう
    • 差別化とフレーミング
    • 強みを「暮らし方提案ができる理由」にする
    • 強みを「選択基準」にする
    • 進め方を説明しながら強みを訴える
  • 【WEB集客戦略】
  • コロナ禍の冬集客、年明けまでに準備すべきこと
    • モデルハウス来場減に備え、WEBで見込み客を確保できる体制を
    • 年明けまでの時間はわずか~短期間で準備でき、即効性のある施策を
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 2020 テレワーク提案の現在地
  • 新商品・新提案情報 2020年11月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2020年10月 県別着工統計データ】

入会のお申込み


 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2020年12月号 (12/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 海外が支える決算、住宅業界での成長株は? 20年度上期決算で良かった米国戸建市場 住林の海外大幅増収増益、国内住宅上回る 大和ハウスも米国が戸建事業支える 違和感のある…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年11月号 (11/16/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 前年割れ相次ぐ中にも明暗~20年度上期決算 上期減収減益、20年度計画も不透明さ拭えず 【3.特集レポート】 1.視界不良続くコロナ禍の業績見通し 2020年度決算前半…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年10月号 (10/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 積水ハウスのイクメン休業制度と決算見通し 積水ハウスは子育て社員にやさしい会社~イクメン休業取得100%達成 育休制度のプラス効果と「わが家」を世界一幸せな場所にするビ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年9月号 (9/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 今度はヒノキヤ! またまたヤマダが動く ヒノキヤグループを子会社化へ~ヤマダ電機1万棟住宅事業強化への本気度 ヒノキヤグループはM&Aの巧者 ヒノキヤとヤマダ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年8月号 (8/17/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注悪化のコロナⅠQ決算は耐えた住宅業界 第Ⅰ四半期決算で明暗分かれる~コロナの風の吹き方が鮮明に 住宅では賃貸大手の大東建託は苦戦~営業活動の休止、自粛で受注消滅 大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年7月号 (7/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 概ね増収増益決算、今期は不透明~ビルダー2019年度決算 分譲・注文共に増収多数、利益では明暗 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界⑤ コロナ禍が浮き彫りに…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年6月号 (6/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 テレワーク時代の新生活様式の始まり 在宅時間が長くなる新しい生活様式~家で快適に過ごすための積水5つの提案 大和ハウスのテレワーク型提案2タイプ テレワーク対応型プラン…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年5月号 (5/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 後半失速で受注減、今期見通し立たず~19年度決算 増収増益も、20年度計画は厳しく不透明 【3.特集レポート】 1.コロナで変わる住宅業界① コロナ禍の2020年度住宅…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年4月号 (4/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 またヤマダが動く、ビルダー再編進むか レオハウスを買収、ヤマダ電機の住宅事業強化が進む 大塚家具、ヤマダホームズとの連携は? 住宅事業のシナジーがどう出るか 【3.特集…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年3月号 (3/13/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 非常時決算のダメージとサブスクの可能性 積水ハウス決算は過去最高 3月決算、住友林業は進行基準で影響は軽微 定期収入サブスク型のビジネス、マンション管理他 【3.特集レ…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年2月号 (2/14/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 東京五輪に向け、木のストロー1000万本 東京オリンピックまで半年何ができるか、地球環境に欠かせないことをやろう 木のストローで2つの環境貢献 東京五輪までに1000万…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年1月号 (1/17/2020) - ※TACT会員様は無料枠あり! 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 2020年代の未来都市構想 2021年着工のスマートシティー建設、トヨタ自動車の未来型都市 未来都市の成果は既存の街再生に活かす 【3.…続きを読む