週刊住宅産業エクスプレス―vol.1010

【1今週の視点】

2020年【公示地価】/全用途5年連続上昇も新型コロナ影響懸念

●地価動向

国交省が18日発表した2020年1月1日時点の公示地価は、全国全用途の平均で前年比1.4%の上昇となり5年連続で上昇した。
住宅地は0.8%、3年連続、商業地は3.1%、5年連続の上昇となった。三大都市圏、地方圏とも前年比で上昇となる。但し、今回の地価には新型コロナウイルスの影響は殆ど含まれておらず、今後の影響が懸念される。

住宅市場にとって地価の緩やかな上昇は後押し材料となるが、新型コロナにより地価下落となれば、さらに様子見・長期化要因が増えることになる。

今後、厳しい市場環境が続くことが予想されるが、それでも住宅計画者は確実に動いている。自社の強み訴求、丁寧なフォローの徹底で背中を後押ししたい。

■2020年の公示地価の変動率2020年の公示地価の変動率資料)国交省

 

【2.業界動向

住宅メーカーの海外進出事例紹介
~アメリカ中心に積水・住林は海外事業売上高4,000億円に迫る
 
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1047 (12/21/2020) - 【1.今週の視点】 政府の2021年度GDP成長率見通し4.0% ●経済見通し 政府は毎年末に翌年度の経済見通しを示すが、18日、令和3年度(2021年度)の実質国内総生産(GDP)の伸び率を20年度比でプラス4.0%と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1046 (12/14/2020) - 【1.今週の視点】 11月街角景気/【現状判断】7カ月ぶり悪化、基調判断も下方修正 ●景気動向 内閣府が8日発表した11月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)によると、景気の現状判断が前月比8.9ポイント低下の45.6と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1045 (12/7/2020) - 【1.今週の視点】 10月新設住宅着工戸数▲8.3%、16カ月連続減/持家▲6.1%、貸家▲11.5% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると10月の新設住宅着工戸数は70,685戸、前年同月比▲8.3%(前年10月▲…続きを読む