週刊住宅産業エクスプレス―vol.990

【1今週の視点~10月「月例経済報告」/総括判断5カ月ぶり下方修正】

●景気動向

内閣府が18日発表した10月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「輸出を中心に弱さが長引いているものの、緩やかに回復している」とし、前月の「続いている」の表現から下方修正した。下方修正は5カ月ぶり。

米中貿易摩擦を背景に中国経済が減速し、生産が悪化したことなどが要因。景気の先行きについては、消費増税後の消費者マインドの動向と台風19号などの自然災害が経済に与える影響を留意点として追加した。

19年度上半期(4-9月)の住宅市場は、駆け込みの反動減や後押し材料不足による様子見・長期化で苦戦するところが目立った。それでも中身の濃い住宅計画者が確実に動いている。

ランクアップやクロージングのハードルは高いが、積極的な仕掛けの継続で住宅計画者の背中を後押ししたい。

■内閣府「月例経済報告」(令和元年10月)より内閣府「月例経済報告」(令和元年10月)より

 

【2.ビルダー・FC特集

2019年7-9月受注・集客動向
~【受注】集客減・長期化▲2ケタ続く/【集客】休日当り▲2ケタ、重い動き続く
 
 

【3.受注情報

2019年9月受注最終集計
~15社計▲11.0%、大手10社▲10.8%、中堅5社▲12.8%
 

 
※掲載企業
三井ホーム、一条工務店、大成建設、クレバリーホーム、セルコホームetc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』