週刊住宅産業エクスプレス―vol.998

【1今週の視点】

11月街角景気/【現状判断】2ヶ月ぶり改善、基調判断「回復に弱い動き」据置

●景気動向

内閣府が9日発表した11月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、足元の景況感を示す【現状判断】が39.4となり前月比2.7p上昇、2カ月ぶりの改善となった。

一方、2~3カ月先の見通しを示す【先行き判断】は45.7となり前月比2.0p上昇、2カ月連続の改善となった。内閣府では基調判断を「このところ回復に弱い動きがみられる」とし4カ月連続で据え置いた。

住宅市場は集客減に加え、消費増税に対する様子見もあり重い動きが続いている。まもなく新しい年2020年を迎える。新春集客で好スタートが実現できるよう、中長期管理客の誘導にも注力したい。

■街角景気の推移街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.11月受注速報

主要14社計▲10.7%、8カ月連続減
~【受注】商談絶対数減、増税も影響/【集客】休日当り実質▲14~15%、鈍化続く
 

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、ヤマダホーム、、トヨタホームetc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1082 (9/22/2021) - 【1.今週の視点】 9月月例経済報告/総括判断4カ月ぶり下方修正 ●景気動向 内閣府が16日発表した9月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「持直しの動きが続いているものの、このところそのテンポが弱まっている」と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1081 (9/13/2021) - 【1.今週の視点】 8月街角景気/【現状】3カ月ぶり悪化、【先行き】2カ月連続悪化 ●景気動向 内閣府が8日発表した8月の景気ウォッチャー調査(街角景気)で景気の現状判断DIが34.7となり、前月比13.7p低下し、3カ…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1080 (9/6/2021) - 【1.今週の視点】 7月新設住宅着工戸数9.9%増、5カ月連続増/持家・貸家・分譲ともプラス ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると7月の新設住宅着工戸数は77,182戸、前年同月比9.9%増(前年7月▲11.3%)、…続きを読む