週刊住宅産業エクスプレス―vol.987

【1今週の視点~8月百貨店売上高2.3%増、5カ月ぶり増/一部駆け込み、高額商材は好調】

●消費動向

日本百貨店協会が20日発表した8月の全国百貨店売上高は4,200億円、前年同月比2.3%増、5カ月ぶり増となった。東京、大阪など【10都市】の売上高は同3.1%増、5カ月ぶり増、高額商材である【美術・宝飾・貴金属】は同23.8%増、7カ月連続増となった。

気温上昇で主力の衣料品を中心に盛夏商材が好調に推移した他、引き続き輸入時計など高額品が大幅に伸びた。一部商品に増税前の駆け込みも見られた。一方、インバウンドは訪日客の減少もあり同▲0.7%、7カ月ぶり減となった。

いよいよ10月から消費税が10%に増税される。住宅市場は相変わらず主力の戸建請負で長期化・様子見が目立つなど重い動きが続き苦戦するところが目立つ。先行指標の集客もマイナス基調であり慎重な来場者が目立ち、ランクアップのハードルは高い。

それでも中身の濃い住宅計画者が来場している。住宅計画者の期待を裏切らない初回接客で背中を後押ししたい。

■百貨店売上高の伸率推移百貨店売上高の伸率推移資料)日本百貨店協会

 

【2.業界動向

住宅メーカーのロボット・ドローン活用事例
~積水ハウス/新「点検システム」開始、大和ハウス工業/工場にアシストスーツ導入
 

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス工業etc…    

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1035 (9/28/2020) - 【1.今週の視点】 9月月例経済報告/総括判断2カ月連続「持ち直しの動き」据え置き ●景気動向 内閣府が24日発表した9月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳し…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1034 (9/24/2020) - 【1.今週の視点】 7-9月企業景況感/大企業プラス回復も中小企業苦戦続く ●企業景況感 財務省と内閣府が11日発表した7-9月期の「法人企業景気予測調査」によると、大企業全産業の景況判断指数(自社の現在の景況が前期と比…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1033 (9/14/2020) - 【1.今週の視点】 8月街角景気/【現状】4カ月連続改善、【先行き】2カ月ぶり改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した8月「景気ウオッチャー調査」によると、景気の現状判断が前月比2.8ポイント上昇の43.9となり、4カ月連…続きを読む