月刊TACT―2019年8月号

【1.今月の焦点

  • 消費増税まであと1ヶ月 - 消費増税まで1ヶ月余りを残すのみとなった。駆け込みと反動減は、前回増税時に比べるとかなり小さくなっていることは事実である。ただやはりそれなりの影響は出ていることも間違いない。 戸建系の着工は好調 3月に富裕層においていわ…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

令和のキーワード攻略PARTⅡ~レジリエンスからAI、アライアンスまで

  • 今度は新築も含めた令和のキーワード
  • 社会課題~レジリエンスとエコ住宅、人口減・高齢社会と空き家対策
  • 経営戦略~世界基準の経営と永続する会社、人材の確保と育成、勝つためのアライアンス
  • 技術革新~AIと人の両立からイノベーション

3.特集レポート

1.ZEH普及、推進派とゼロの二極化進む

  • ①ZEH普及のスピード鈍い~ZEH比率の単純平均ではまだ2割に届かず
  • ②ZEH普及注力度は二極化、5割がゼロ~ZEH50%以上はじわり増加の665件
  • ③ビルダーは普及率7割超の推進派も増加~エコワークス、ヘルシー他大手も堅調
  • ④今年FIT終了が53万件~蓄電池リフォームの自家消費と電力買取り
  • ⑤リノベによる既築住宅ZEH化、性能向上リノベで30代一次取得者を捕捉
  • ⑥ESGにおける環境~住宅会社の得意分野であり使命

2.地域格差が広がる人口と着工減少

  • ①消費増税でやってくる購買力減
  • ②生産年齢人口が2045年に3割減~若年人口、世帯数の動向がカギ
  • ③子どもが増えている都市部と若年人口流入エリアでは住宅着工は増えるか
  • ④高齢者人口増加エリア~空き家予備軍は既に2割を超えている?
  • ⑤世帯数も2025年をピークに減少、2040年には10%が75歳以上単独世帯
  • ⑥インバウンド需要を取り込む~外から人が流入してくるという市場

3.FC・VCの加盟店支援策も新たなフェーズに

  • ①アキュラホームの経営資源をフル活用 ~スマートアライアンスビルダーメンバー
  • ②独自のWEBメディアから導く規格住宅・リノベ~ Doliveメディアパートナー
  • ③テレビ番組放映で問い合わせが急増し、加盟店募集を前倒し~ユニテハウス
  • ④FC・VCも新時代に対応できる戦略を

4.その他

  • 【住宅メーカーの受注動向レポート】
  • 反動減で集客・受注悪化、増税後支援策で回復なるか〈2019年度・第1四半期(4~6月)

    • ①着工は若干減、戸建系〇だが集合系×
    • ②メーカー受注 ~全社マイナスに転落
  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  • 復興需要も落ち着き、一次取得者層が活発化~熊本

    • ①震災前の住宅市場を取り戻しつつある熊本県
    • ②オーナーと法人ルートへのアプローチを強化し、紹介受注を狙う~積水ハウス
    • ③若手営業マンの育成強化で受注の底上げを図る~セキスイハイム九州
    • ④ZEHによる差別化が成功し受注好調~住友林業
    • ⑤活発化する土地無し客に合わせ不動産戦略に注力~大和ハウス工業
  • 【ビルダー業界維新】
  • 地場有力ビルダーは地元おさえ、関東進行~埼玉

    • ①実は埼玉いいところ!~県外からの移住者が多く、分譲市場が発展
    • ②棟数トップはポラス、飯田GHDの分譲系、オープンハウスグループも急成長
    • ③連結売上高大台の1000億円超~ケイアイスター不動産
    • ④初回から成約まで2週間のスピード接客~横尾材木店
    • ⑤ZEH普及率35%、17年度は5つ星獲得~大賀建設
    • ⑥地域密着×事業多角化で成長~近藤建設
  • 【好調ビルダー事例】
  • 新ブランドを次々投入し新たな需要を掘り起こす~国分ハウジンググループ

    • ①グループ2社合算で18年度鹿児島県トップに比肩
    • ②価格帯ごとに複数の商品を展開するマルチブランド戦略でシェアを高める
    • ③将来的なストック時代の到来を見据え不動産仲介を本格化
  • 【新時代の住宅営業マネジメント基礎講座】
  • 負ける前に負けた原因を考えさせる

    • ①月初の営業会議で1ヶ月後を想像した質問をする
    • ②死亡前死因分析とは
    • ③商談準備はネガティブに
  • 【紙上セミナー】
  • 明日から使えるソフト提案事例~インテリア【家具】編

    • ①家具提案はダイニングチェアから
    • ②地元の家具メーカーを訴求
    • ③IKEAや無印の家具には雰囲気づくりを
    • ④IoT家具もトークのネタに
  • 【広告に見る住宅業界】
  • 新時代の家づくりと土地活用
  • 新商品・新提案情報 2019年7月 
  • 【MONTHLY DATA FILE 2019年6月 県別着工統計データ】

入会のお申込み

 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2021年10月号 (10/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅価格を上げるインフレ圧力 資材価格上昇による収益圧迫~住宅価格は上げざるを得ない状況 ウッドショックは落ち着き始める~それでも木材価格は下がらない? 世界インフレ懸…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年9月号 (9/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 スムストックが再成長、強化拡大は必須 スムストックは21年6月期1,900棟超え グループ連携で優良ストックの売却情報を リフォームと不動産連携必須~4件に1件は300…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年8月号 (8/16/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅会社が金融を手掛ける時代 住宅、家電、家具、まとめてローン一体化~ヤマダネオバンクが誕生 オープンハウスも金融に参入、不動産業界では初の取り組み 【3.特集レポート…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年7月号 (7/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注大幅プラス、増収増益相次ぐ~ビルダー2020年度決算 ビルダー増収多数、分譲大手の利益は急増 【3.特集レポート】 1.バブルとショックの分譲市場見通し 建売分譲は…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年6月号 (6/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 何処まで続くかウッドショック 米国住宅着工堅調、木材価格高騰止まらず? 業界は値上げ必至、どうなるウッドショック 【3.特集レポート】 1.ポストコロナ着工80万戸台維…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年5月号 (5/17/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 コロナ減収の中、当初計画は上回る~20年度決算 減収減益多発、21年度計画は回復へ 【3.特集レポート】 1.ビルダー再編~グループ競争力の時代【1】巨大グループが鎬削…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年4月号 (4/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 脱炭素とDXの住生活基本計画 2021年度からの10年間の住宅政策~新たな日常・DX推進、災害対策 住宅ストックの視点から「脱炭素」と住宅循環システム、空き家 【3.特…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年3月号 (3/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 受注堅調3社の直近決算分析~12月住友林業・ヒノキヤG、1月積水ハウス 住友林業12月期の変更決算~米国事業が全体牽引で増収増益 ヒノキヤグループは5%増益、受注7%増…続きを読む
  • 月刊TACT―2021年2月号 (2/15/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 本当に移住希望者は増えているのか~東京転出超過、人口流出は続く? コロナを経験したことによって住み替えたいというニーズが増加 東京都人口は20年5月をピークに減少傾向 …続きを読む
  • 月刊TACT―2021年1月号 (1/18/2021) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 拡充された住宅支援制度に期待!~グリーン住宅は最大100万pt付与 住宅支援制度拡充と住宅ローン減税延長~グリーン住宅ポイントはZEH等40万ポイント リフォームは最大…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年12月号 (12/15/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 海外が支える決算、住宅業界での成長株は? 20年度上期決算で良かった米国戸建市場 住林の海外大幅増収増益、国内住宅上回る 大和ハウスも米国が戸建事業支える 違和感のある…続きを読む
  • 月刊TACT―2020年11月号 (11/16/2020) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 前年割れ相次ぐ中にも明暗~20年度上期決算 上期減収減益、20年度計画も不透明さ拭えず 【3.特集レポート】 1.視界不良続くコロナ禍の業績見通し 2020年度決算前半…続きを読む