週刊住宅産業エクスプレス―vol.1107

創刊1100号記念キャンペーン中!】

創刊1100号記念キャンペーン

【1今週の視点】

3月月例経済報告/「一部に弱さ」据え置き、先行きは「下振れリスク」 

●景気動向
内閣府が25日に発表した3月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「持ち直しの動きが続いているものの、新型コロナウイルス感染症による厳しい状況が残る中で、一部に弱さがみられる」とし前月の判断を据え置いた。

先行きについては「ウクライナ情勢等による不透明感、原材料価格の上昇など下振れリスクに十分注意する必要がある」とした。
岸田首相は25日の月例経済報告に関する関係閣僚会議で、エネルギー価格など物価高騰への緊急対応策を4月末までに策定するよう関係閣僚に指示すると表明した。

住宅市場では、コロナ以前から住宅価格の上昇が続いており、コロナ以降はウッドショックなどによる値上げに加え、ウクライナ情勢に絡む原材料費の高騰も今後の課題となる。
コロナ禍において住宅や暮らし方への関心は高いが、実質賃金の伸び悩みや先行きが不透明な中で、様子見や先延ばし案件の増加も想定される。
特にボリュームゾーンに対しては、値頃感訴求や各種支援策を絡めた安心・安全の資金計画がカギになりそうだ。
 

■内閣府「月例経済報告」(令和4年3月)より
内閣府「月例経済報告」(令和4年3月)より

 

【2.業界動向】住宅メーカーの2022年度【強化テーマ】

~ZEH・SDGS・性能・ソフト提案・レジリエンス・ニューノーマルなど
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1216 (7/5/2024) - 【1.今週の視点】 6月月例経済報告/現状判断「景気は、このところ足踏みも緩やかに回復」据え置き ●景気動向 内閣府が27日発表した6月の月例経済報告によると、国内景気の現状判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1215 (6/28/2024) - 【1.今週の視点】 5月消費者物価2.5%上昇/電気代14.7%上昇 ●消費者物価 総務省が21日に発表した5月の全国消費者物価指数によると、変動が大きい生鮮食品を除く総合が107.5となり、前年同月比2.5%の上昇とな…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1214 (6/18/2024) - 【1.今週の視点】 5月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月連続悪化  ●景気動向 内閣府が10日発表した5月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比1.7ポイント低下の45.7となり3…続きを読む

 

by .