週刊住宅産業エクスプレス―vol.949

【1今週の視点~10月「景気動向指数」/一致・先行指数とも2カ月ぶり改善】

●景気動向
内閣府が7日発表した10月の景気動向指数(2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す【一致指数】が104.5となり、前月比2.9ポイント上昇、2カ月ぶりの改善となった。上昇幅は89年3月以来の大きさ。9月に相次いだ自然災害の影響が解消されたことが寄与した。一方、数カ月先の景気を示す【先行指数】は100.5となり、前月比0.9ポイント上昇、2カ月ぶりの上昇となった。景気の基調判断は「足踏みを示している」とし前月から据え置いた。
住宅市場は、主力の戸建請負に上向きの動きが見られるが消費税増税に加え、増税対策も絡み見通しは読みづらい。それでも、「確実に消費税8%のうちに」と考える中身の濃い住宅計画者が堅調に動いている。中長期客の誘致や展示場前での呼び込みなど徹底し、新春集客で数多くの有力客を確保したい。
 
■景気動向指数の推移
景気動向指数の推移
資料)内閣府「景気動向指数」
 

【2.競合分析

  2018年・住宅会社から見た気になるビルダー(九州・沖縄編)
~シアーズホーム、東宝ホーム、晃栄住宅、よかタウンなど

【3.トピック

  積水ハウスが地方創生事業『道の駅プロジェクト』始動
~米マリオットと協業、第1弾・20年秋5府県15カ所開業
 

購読申込みはコチラから
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』