週刊住宅産業エクスプレス―vol.1018

【1今週の視点】

4月百貨店売上高▲72.8%、7カ月連続減/統計開始65年以来最大下げ幅

●消費動向

日本百貨店協会が22日発表した4月の全国百貨店売上高は、既存店ベースで前年同月比▲72.8%、7カ月連続減となった。統計を開始した65年1月以来最大の減少率。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の全国拡大に伴い、入店客数も8割近いマイナスとなった。訪日外国人客の激減(4月▲99.9%)に伴い、インバウンドは購買客数▲99.5%、売上高▲98.5%となった。

住宅市場は、大手中堅15社の4月受注棟数が前年同月比▲28%、先行指標の集客は4月▲75~80%、GW▲80~90%という大変厳しい結果となった。
今後、しばらく厳しい市場環境が続くと予想されるが、市場とユーザーの変化には“変化”で対応したい。

■全国百貨店売上高の伸率推移全国百貨店売上高の伸率推移

資料)日本百貨店協会

 

【2.顧客動向

2020年GW(緊急事態宣言以降)の顧客動向
~来場伸率▲80~90%、WEB商談利用率30~40%
 
 

【3.受注情報

2020年4月受注最終集計
~大手・中堅15社▲28.0%、大手10社▲31.1%
 
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1209 (5/17/2024) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状判断・先行き判断とも2カ月連続悪化 ●景気動向 内閣府が10日発表した4月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比2.4ポイント低下の47.4となり2カ…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1208 (5/2/2024) - 【1.今週の視点】 4月月例経済報告/基調判断「景気はこのところ足踏みも緩やかに回復」据え置き ●景気動向 内閣府が23日に発表した4月の月例経済報告によると、景気の総括判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1207 (4/23/2024) - 【1.今週の視点】 日銀「生活意識アンケート」/低水準ながら景況感は持ち直しの兆し ●景気動向 日銀が12日に発表した2024年3月の「生活意識に関するアンケート調査」によると、「1年前と比べた現在の景況感」について「良…続きを読む

 

by .