週刊住宅産業エクスプレス―vol.989

【1今週の視点~9月街角景気/【現状】駆け込みで改善も【先行き】3カ月連続悪化】

●景気動向

内閣府が8日発表した9月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、足元の景況感を示す【現状判断指数】が46.7となり、前月比3.9p上昇、2カ月連続の改善となった。

一方、2~3カ月先の景況感を示す【先行き判断指数】は36.9となり、3カ月連続の悪化となった。現状は駆け込み需要を反映しているが好不況の節目である50は下回った。先行きは米中貿易摩擦や増税後の反動など先行き不安を織り込んでいる。

住宅市場は、9月の大手中堅12社の受注棟数ベースで前年同月比▲10%、6カ月連続減となった。主力の戸建請負は10月増税を控え様子見の動きが顕著。

先行指標の集客はマイナス基調だが台風などを勘案すると健闘している。支援策と同時に自社の特徴・強みを訴求し、住宅計画者の背中を後押ししたい。

■街角景気の推移街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.9月受注速報

主要12社計▲10.5%、6カ月連続減
~【受注】10月増税控え慎重な動き/【集客】休日当たり▲1~2%、一部前向きな動き
 

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス工業、積水化学工業、ミサワホーム、住友林業、旭化成ホームズ、三井ホーム、トヨタホーム、ヤマダホームズ、パナソニックホームズetc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1029 (8/11/2020) - 【1.今週の視点】 6月景気動向指数/基調判断「悪化」据え置き ●景気動向 内閣府が7日発表した6月の景気動向指数(速報値、2015年=100)によると、景気の現状を示す一致指数が前月比3.5ポイント上昇の76.4となり…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1028 (8/4/2020) - 【1.今週の視点】 6月新設住宅着工戸数▲12.8%、12カ月連続減/持家▲16.7%、貸家▲13.0% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると6月の新設住宅着工戸数は71,101戸、前年同月比▲12.8%(前年6月0…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1027 (7/28/2020) - 【1.今週の視点】 7月月例経済報告/総括判断2カ月連続上方修正もコロナ感染拡大を懸念 ●景気動向 内閣府が22日発表した7月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として…続きを読む