週刊住宅産業エクスプレス―vol.1105

創刊1100号記念キャンペーン中!】

創刊1100号記念キャンペーン

【1今週の視点】

2月街角景気/【現状】2カ月連続悪化、【先行き】5カ月ぶり改善

●景気動向
内閣府が8日発表した2月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが37.7となり、前月比0.2p低下し、2カ月連続で悪化した。
新型コロナ感染対策のまん延防止等重点措置の継続などが影響した。

一方、2~3カ月先の景気の先行きに対する判断は44.4、前月比1.9p上昇、5カ月ぶりの改善となった。
但し、調査期間が2月25日から28日であり、先行きについてはウクライナ情勢を懸念する指摘も複数みられる。

住宅市場は、大手中堅14社集計で受注棟数が前年同月比▲5.8%、集客が▲25%となった。
新型コロナは落ち着きつつあり、まん延防止も3/21で概ね解除されそうだが、ウクライナ情勢もあり予断を許さない状況が続く。

●2022年2月受注棟数伸率
★全体14社計…▲5.8%、前月比2.4p上昇、6カ月連続減
★大手 9社計…▲7.7%、前月比0.5p上昇、7カ月連続減
★中堅 5社計…3.7%増、前月比11.9p上昇、5カ月ぶり増
 

■街角景気(現状判断・先行き判断)の推移
街角景気(現状判断・先行き判断)の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.2月受注速報】主要14社計▲5.8%、6カ月連続減

~【受注】市場環境悪化で弱含み、【集客】▲25%、18・19年比▲40~50%水準変わらず
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1119 (7/5/2022) - 【1.今週の視点】 5月新設住宅着工戸数▲4.3%、15カ月ぶり減/持家▲6.9%、貸家3.5%増 ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると5月の新設住宅着工戸数は67,193戸、前年同月比▲4.3%(前年5月9.9%増…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1119 (6/27/2022) - 【1.今週の視点】 6月月例経済報告/現状判断「持ち直しの動きがみられる」3カ月連続据え置き ●景気動向 内閣府が20日発表した6月の月例経済報告によると、国内景気の現状判断を「持ち直しの動きがみられる」とし3カ月連続で…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1118 (6/20/2022) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状3カ月連続改善・先行き4カ月連続改善 ●企業景況感 財務省と内閣府が13日発表した4-6月期の法人企業景気予測調査によると、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)が▲0.9となり、2…続きを読む