週刊住宅産業エクスプレス―vol.1106

創刊1100号記念キャンペーン中!】

創刊1100号記念キャンペーン

【1今週の視点】

法人企業景気予測/1-3月「大企業景況判断」3四半期ぶりマイナス

●景気動向
内閣府と財務省が11日発表した1-3月期の法人企業景気予測調査によると、大企業全産業の景況判断指数(BSI)は▲7.5となり3四半期ぶりのマイナスとなった。
新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染拡大や、原材料価格の高騰などが背景にある。

景況判断指数は自社の景況が前回四半期よりも「上昇」と回答した企業の割合から「下降」と回答した企業の割合を引いた数値。
但し、1-3月期の調査期間は1月下旬から2月下旬であり、ロシアによるウクライナ侵略の影響が十分に反映されていない。
今後の影響が懸念される。

住宅市場は、大手中堅メーカー15社の2月受注棟数が前年同月比▲7.9%、先行指標の集客が▲25%となった。
今後、住宅市場においてもウクライナ情勢による物価上昇、企業業績悪化、消費者心理悪化、消費低迷などの影響が懸念される。
住宅計画者の期待を裏切らないフォロー・接客・商談で一件でも多くの契約に結び付けたい。
 

■法人企業の景況判断
法人企業の景況判断資料)内閣府・財務省「法人企業景気予測調査」

 

【2.企業紹介】新規上場「セレコーポレーション」の事業戦略

~こだわり若年層向けに東京圏で賃貸事業を展開
 

【3.2月受注最終集計】大手中堅15社▲7.9%、中間比2.1p下方修正

~大手10社▲9.9%、中間比2.2p下方修正
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1199 (2/26/2024) - 【1.今週の視点】 2月月例/基調判断「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復」に下方修正 ●景気動向 内閣府が21日発表した2月の月例経済報告によると、景気の総括判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復し…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1198 (2/19/2024) - 【1.今週の視点】 10-12月実質GDP成長率▲0.1%/2四半期連続マイナス成長 ●景気動向 内閣府が15日発表した2023年10-12月のGDP(国内総生産)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比▲0.1%、…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1197 (2/13/2024) - 【1.今週の視点】 1月街角景気/現状判断4カ月ぶり悪化、先行き判断3カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが50.2となり4カ月ぶりに悪化した。…続きを読む

 

by .