季刊TACTリフォーム―2021年秋号

季刊TACTリフォーム―2021年夏号

リフォーム会社の収益力分析+専業系リフォーム特集

【今秋のテーマ】受注回復傾向も新たな不安要素

2021年度は新築着工、リフォーム共に堅調な動きを見せているが、ウッドショックやベトナムのロックダウンによるトイレ不足などの不安材料が続出しており、先行きは依然として見通しにくい。
しかしながら、リフォーム会社も守ってばかりというわけには行かない。
専業系リフォーム会社の中には、今年度「採用強化」「店舗増設」を打ち出すところもある。
緊急事態宣言が解除される10月以降、リフォーム業界も再度攻勢に出ていきたい。

 

【特集1】リフォームの収益急低下、早期回復目指せ!~リフォーム会社の20~21年度収益力分析

・20年度決算はほぼ減益、利益率低下~減収と粗利減で赤字転落も
・収益力ランキング、石友と大和が10%超~大手メーカーのリフォーム利益激減
・大手は粗利率上昇でも減益~生産性低下が減益要因か
・ハウスメーカーのリフォーム利益の貢献度~新築戸建との相対的な利益も苦戦か
・経費比率が上昇、売上に対して重く収益圧迫~メーカーは人件費が経費の7割
・財務諸表比較~メーカー系、自己資本比率は低下へ
・専業系リフォーム、借入・現金増の動きも
・借入増はコロナ禍対策か~買取再販業者の棚卸資産減少も顕著
・高単価リフォームは東急Reが連覇
・21年度見通し、コロナリバウンドで利益回復

 

【特集2】街の再生、ストック事業で再耕する~SDGsも脱炭素もストックが大事!

・高齢社会へ加速、高齢単独世帯が最も増える
・衰退する住宅団地の再生に官・民からアプローチ
・大和ハウスのリブネスタウンプロジェクト始動~住民のコミュニティスペースを創出
・高齢者が健康に住み続けられ、若年層が継続的に流入する街づくりモデル
・優良ストック流通と空き家再生~求められるのはストックの有効活用+性能向上
・スーパーシティ構想にも活きるか~高齢化した街再生の課題は交流と交通

 

【特集3】有力企業各社、西高東低の勢力図~専業系リフォームの競争力分析

・緊急事態宣言長期化が首都圏企業に大打撃
・最大手ニッカホームが395億円、次の100億円企業はアートリフォーム?
・コロナ禍でエリア拡大急がず~広域展開9社の店舗総数は283店舗
・令和時代の生産性向上のカギはマンパワー×テクノロジー
・YouTubeチャンネルに本腰~販促、ブランディング、採用にも
・販促の3本柱「リピート」「チラシ」「WEB」~自社HP特化の交換できるくんが台頭

 

調査個表掲載企業

アートリフォーム 売上高100億円到達に現実味
OKUTA コロナ下の3店舗増設で巻き返し図る
交換できるくん 住設交換リフォームのマーケットリーダーへ
CONY JAPAN 今期100人採用で攻めの1年へ
ナサホーム 昨夏から来場回復、ハイグレード住設の需要増
ニッカホームグループ エリア拡大と新築始動で450億円
フレッシュハウス WAKUWAKUとの業務提携で販路拡大
ホームテック 高額受注が堅調、今期受注60億円目指す
安江工務店 今期好調で1~8月は受注4割増
山商リフォームサービス 集客好調、若手人材の育成で受注拡大へ
BXゆとりフォーム 顧客満足度を高めてリピート・紹介受注を獲得
エディオン 水回りパック商品・光熱費削減訴求が好調

全社共通・【個表掲載情報】
・業績推移(6期分)
・組織、業務分担
・住居形態別・工事種別・客層別売上比率
・受注経路、紹介・リピート促進策
・利益管理(粗利率、営業マン1人当たり売上)etc…
 

【2021年 秋の焦点】リフォーム市場に再襲来、第二次トイレショック

① コロナ禍の第二次トイレショック
② 改めて緊急事態への備えを
more…
今季の焦点を読む
 

【ハウスメーカー四半期レポート】21年度第Ⅰ四半期は受注急回復でスタート!

・21年度受注、売上共にリバウンド~前年ハードル低く受注は全社大幅増加
・受注は急反発後、前年ハードル高く前年比横這いも支援制度等追い風は続く
 

【業界トピック】本格普及期へ向かう優良ストック流通~スムストック年間2,000棟規模へ

・ハウスメーカーのスムストック再成長~優良ストックを住み継ぐ市場形成へ
・築年数が経っても適正価格で成約~300万円以上リフォーム受注のチャンス
 

【リフォーム営業講座】工事中の対応で満足度を上げる〜次の受注を得るために

・着工前に工事のガイダンスを行う
・工事を始める前にしてもらうこと
・工事中のルールを教える
・着工立会いを行う
・工事中のあいさつ
・工程ごとの検査を行い撮影する
・工程ごとの立会い
・引渡し準備~引渡し~近隣あいさつ
 

【リフォーム業界のIT・WEB戦略】商談中のタイムリーなVR活用で生産性向上~メガソフト「3Dアーキデザイナー」

・成長分野の「AR」・「VR」~市場規模は2020年から3年で2倍へ
・住宅業界の「VR」の意義~引渡し時の「感動」はリスクの裏返し?
・安価で操作簡単なCADソフト開発会社のVR~メガソフト「3Dアーキデザイナー」
 
【掲載データ抜粋】リフォーム市場を総括、専業系リフォーム有力会社の競争力を一括分析
 

※無料試読のお申込みはこちら

 

■過去の『季刊TACTリフォーム』

  • 季刊TACTリフォーム―2021年秋号 (10/1/2021) - リフォーム会社の収益力分析+専業系リフォーム特集 【今秋のテーマ】受注回復傾向も新たな不安要素 2021年度は新築着工、リフォーム共に堅調な動きを見せているが、ウッドショックやベトナムのロックダウンによるトイレ不足などの…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2021年夏号 (7/1/2021) - 2020年度リフォームランキング+ハウスメーカー特集 【今夏のテーマ】OB強化 グループ連携 ハウスメーカー系リフォーム会社の20 年度決算は軒並み減収減益が続いた。 上期の落ち込みが大きかったことに起因するが 、下期に…続きを読む
  • 季刊TACTリフォーム―2021年春号 (4/1/2021) - ビルダーリフォーム+中古買取再販特集 【今春のテーマ】コロナから1年 新型コロナのパンデミックからもう1年が経過したが、ワクチン普及を含め、コロナ収束にはまだ時間が掛かり、正常化というところにすぐには戻れないだろう。 し…続きを読む