週刊住宅産業エクスプレス―vol.1033

【1今週の視点】

8月街角景気/【現状】4カ月連続改善、【先行き】2カ月ぶり改善

●景気動向

内閣府が8日発表した8月「景気ウオッチャー調査」によると、景気の現状判断が前月比2.8ポイント上昇の43.9となり、4カ月連続で改善した。家計動向関連、企業動向関連、雇用関連の全ての指数が上昇した。

一方、2~3カ月先の景気の先行きを示す先行き判断は前月比6.4ポイント上昇の42.4となり2カ月ぶりに改善した。
内閣府では、景気ウオッチャー調査の現状判断の表現を据え置いたが、8月は7月に比べて新型コロナの新規感染者数の増加傾向が緩やかになったことを踏まえ、先行きについては「感染症の動向を懸念しつつも、持ち直しへの期待がみられる」とした。

住宅市場も、まだマダラ模様ながら、受注・集客とも回復傾向にある。
先行きは決して楽観できないが、中身の濃い住宅計画者が確実に動いている。住宅計画者の背中を後押しし、一件でも多くの受注へと結び付けたい。

■街角景気の推移
■街角景気の推移

資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.8月受注速報】主要13社計7.6%増、17カ月ぶりプラス回復

~【受注】ローン控除駆け込みも発生/【集客】休日当たり▲13~14%、資料請求大幅増

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1044 (11/30/2020) - 【1.今週の視点】 11月月例経済報告/「持ち直し」据え置きも、先行きは下振れリスク懸念 ●景気動向 内閣府が25日発表した11月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1043 (11/24/2020) - 【1.今週の視点】 国交省/全国主要100地区の地価は3カ月前比で【下落】45地区に上昇 ●地価動向 国交省は19日、「主要都市の高度利用地地価動向報告」(地価LOOKレポート)を発表した。全国の主要100地区の10月時…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1042 (11/17/2020) - 【1.今週の視点】 10月街角景気/【現状】6カ月連続改善、基調判断2カ月連続上方修正 ●景気動向 内閣府が10日発表した10月「景気ウオッチャー調査」によると、景気の現状判断が前月比5.2ポイント上昇の54.5となり、…続きを読む