週刊住宅産業エクスプレス―vol.954

【1今週の視点~12月百貨店売上高▲0.7%/インバウンド好調も国内個人消費弱含み】

●消費動向
日本百貨店協会が23日発表した12月の全国百貨店売上高は前年同月比▲0.7%、2カ月連続減となった。東京・大阪など10都市の売上高は±0.0%、2カ月連続増後の横ばいとなった。顧客別では国内市場が▲1.1%となる一方、インバウンドが8.4%増となり過去2番目の売上を記録した。なお、18年の売上高は前年比▲0.8%、2年ぶり減。インバウンドは購買客数、売上高とも過去最高となったが、国内個人消費は弱含みといえる。
住宅市場は、新春集客が振るわず前年比で概ね▲10%となった。増税対策の拡充もあり駆け込み的な動きは殆ど見られず、様子見の動きも目立つ。それでも中身の濃い住宅計画者が動いている。新春客のフォロー、ランクアップに注力し、一件でも多くの受注に結び付けたい。
■百貨店売上高の伸率推移
百貨店売上高の伸率推移資料)日本百貨店協会
 

【2.展示場情報

 住宅展示場+商業店舗の複合施設「問屋町テラス」
~“買い物ついで客”の見極めと追客を徹底

 

【3.顧客動向

 2019年新春の各社仕掛けと顧客反応
~「消費税」「ZEH」「IoT」(アンケート調査より)
 

購読申込みはコチラから

 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1055 (3/1/2021) - 【1.今週の視点】 1月新設住宅着工戸数▲3.1%、19カ月連続減/持家6.4%増、貸家▲18.0% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると1月の新設住宅着工戸数は58,448戸、前年同月比▲3.1%(前年1月▲10.…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1054 (2/24/2021) - 【1.今週の視点】 2月月例経済報告/基調判断「一部に弱さがみられる」、10カ月ぶり下方修正 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)による内閣府が19日発表した2月の月例経済報告によると…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1053 (2/15/2021) - 【1.今週の視点】 1月街角景気/現状・3カ月連続悪化、先行き・2カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)によると、景気の現状判断が前月比3.1p低下の31.2となり、3カ月…続きを読む