週刊住宅産業エクスプレス―vol.957

【1今週の視点~2018年10-12月GDP/実質年率換算1.4%増、2四半期ぶりプラス成長】

●景気動向
内閣府が14日発表した2018年10-12月期のGDP(国内総生産、季節調整値)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で0.3%増となり、2四半期ぶりのプラス成長となった。年率換算では1.4%増(7-9月期▲2.6%)となる。
7-9月期は相次いだ自然災害の影響もあり個人消費が落ち込み、設備投資も低迷したが、10-12月期はその反動増もあり個人消費や設備投資が回復した。但し、輸出は米中貿易摩擦など海外経済の失速を背景に7-9月期の落ち込みを回復するまでには至らなかった。
住宅市場は消費増税の駆け込み的な動きは殆ど見られないが、緩やかな回復が続いている。先行指標の集客も堅調に推移しているが、増税前後のメリット判断目的の相談客も目立つ。それでも中身の濃い住宅計画者が確実に動いている。集客、ランクアップ、丁寧なフォローを徹底し、煽ることなく一件でも多くの受注に結び付けたい。
 
■実質GDP(国内総生産)成長率の推移
実質GDP(国内総生産)成長率の推移※資料)内閣府「2018年10-12月期四半期別GDP速報」
 

【2.商品情報

 2018年発売【戸建て新商品】のその後
~反響・受注とも、比較的好調の商品目立つ

 

【3.1月受注最終集計

 14社計3.1%増、速報比1.0ポイント下方修正
~大手9社計4.9%増、中堅5社計▲5.2%

 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』