週刊住宅産業エクスプレス―vol.1002


※エクスプレス会員様はご契約1口につき1名様を無料でご招待!

【1今週の視点】

 『月例経済【緩やかな回復】⇔景気動向指数【悪化】』基調判断に食い違い

●景気動向

内閣府が22日発表した1月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「輸出が引き続き弱含むなかで、製造業を中心に弱さが一段と増しているものの、緩やかに回復している」とし、前月から据え置いた。個別項目では【設備投資】を「緩やかな増加傾向にあるものの、一部に弱さがみられる」とし8カ月ぶりに下方修正した。

一方、内閣府が発表する「景気動向指数」の基調判断は昨年11月まで4カ月連続で景気後退の可能性を示す「悪化」となっており食い違いが続いている。

景気後退が懸念されるなか、住宅市場は重い動きが続いており、受注・集客ともなかなかマイナス基調から浮上できない。但し、先行指標の集客面では上向きの兆しを指摘するところもある。積極的な仕掛けを継続し、住宅計画者の背中を後押ししたい。

 
■内閣府「月例経済報告」(令和2年1月)より内閣府「月例経済報告」(令和2年1月)より

 

【2.ビルダー・FC特集

2019年10-12月受注・集客動向
~受注・集客とも大半が▲2ケタ、集客減・商談数減・長期化続く
 
 

【3.受注情報

2020年1-3月、4-6月受注予想(アンケート調査より)
~単純平均1-3月【▲8.5%】、4-6月【3.5%増】
 
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1092 (11/29/2021) - 【1.今週の視点】 11月月例経済報告/「個人消費」上方修正も先行きは不透明 ●景気動向 内閣府が25日発表した11月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナ感染症による厳しい状況が徐々に緩和されつつある…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1091 (11/24/2021) - 【1.今週の視点】 国交省/全国主要100地区の地価は3カ月前比【上昇】40地区で増加傾向 ●地価動向 国交省は19日、「主要都市の高度利用地地価動向報告」(地価LOOKレポート)を発表した。全国の主要100地区の10月…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1090 (11/15/2021) - 【1.今週の視点】 10月街角景気/【現状判断】【先行き判断】とも2カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が9日発表した10月の景気ウォッチャー調査(街角景気)で景気の現状判断DIが55.5となり、前月比13.4p上昇し、2カ…続きを読む