週刊住宅産業エクスプレス―vol.972

【1今週の視点~4月景気動向指数/一致指数2カ月ぶり改善も、基調判断「悪化」据え置き】

●景気動向
内閣府が7日発表した4月の景気動向指数(速報値、2015年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.8ポイント上昇の101.9となり2カ月ぶりに上昇した。
但し、基調判断は景気が後退している可能性が高いことを示す「悪化」に据え置いた。3月の基調判断で6年2カ月ぶりに「悪化」に下方修正されており2カ月連続となる。
一方、数カ月先の景気を示す先行指数は前月比0.2ポイント低下の95.5となり、2カ月連続の悪化となった。
住宅市場は主力の戸建請負で一部駆け込みの反動が出ているが想定の範囲内。先行指標の集客も比較的堅調といえる。
但し、支援策があるとはいえ住宅計画者が積極的に動くには材料不足。米中貿易戦争が落ち着き国内景気が本格回復に向かい、住宅計画者の動きが活発化することを期待したい。
■景気動向指数の推移
景気動向指数の推移資料)内閣府「景気動向指数」
 

【2.業界動向

 2018年度【環境設備機器】の採用状況
~平均採用率/太陽光54.3%、/燃料電池17.9%、/蓄電池15.1%/HEMS51.5%
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、住友林業、パナソニックホームズ、旭化成ホームズ、三井ホーム、トヨタホームetc…
 

 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1076 (8/2/2021) - 【1.今週の視点】 7月月例経済報告/総括判断「一部で弱さ」2カ月連続据え置き ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると6月の新設住宅着工戸数は76,312戸、前年同月比7.3%増(前年6月▲12.8%)、4カ月連続増と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1075 (7/27/2021) - 【1.今週の視点】 7月月例経済報告/総括判断「一部で弱さ」2カ月連続据え置き ●景気動向 内閣府が19日発表した7月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1074 (7/21/2021) - 【1.今週の視点】 日銀「地域経済報告」/【北陸・近畿】上方修正、【中国・四国】下方修正 ●地域経済 日銀が5日に公表した地域経済報告(さくらレポート)によると、全国9地域のうち北陸、近畿の2地域の景気判断を引き上げた一…続きを読む