週刊住宅産業エクスプレス―vol.1207

【1今週の視点】

日銀「生活意識アンケート」/低水準ながら景況感は持ち直しの兆し

●景気動向
日銀が12日に発表した2024年3月の「生活意識に関するアンケート調査」によると、「1年前と比べた現在の景況感」について「良くなった」の回答が10.7%となり、前回12月調査の9.3%から1.4ポイントの上昇となった。
また、1年後の景況感については、「良くなる」の回答が13.6%となり、前回調査の8.4%から5.2ポイントの上昇となった。どちらの回答もまだ低水準だが、消費者マインドの上向きに期待したい。

住宅市場は、今週末から集客のヤマ場となるGWを迎える。今年も住宅計画者の相当数が旅行やレジャーに流れることが予想されるが、積極的な仕掛けで一組でも多くのリアル客を確保したい。
先行きは不透明だが、主力の戸建請負も持ち直しの兆しが感じられる。住宅計画者の背中を後押しし、一件でも多くの契約に結び付けたい。

■日銀「生活意識に関するアンケート調査」(2024年3月)
<景況感~現在を1年前と比べると>

日銀「生活意識に関するアンケート調査」(2024年3月)
<景況感~現在を1年前と比べると>

 

【2.ビルダー・FC特集】2024年1-3月受注・集客動向

~【受注】土地無し一次中心にやや上向く、【集客】持ち直し傾向、資料請求プラス基調
  

【3.イベント情報】住宅会社の2024年【GW】販促仕掛け

~例年同様にキャンペーン・フェアなど開催
  

【4.受注情報】大手・中堅15社の2024年3月受注最終集計

~大手・中堅15社▲1.1%、中堅5社4.6%増に下方修正
  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1211 (5/27/2024) - 【1.今週の視点】 4月百貨店売上高8.9%増、26カ月連続増 ●個人消費 日本百貨店協会が24日発表した4月の全国百貨店売上高は4,441億円、前年同月比8.9%増、26カ月連続増となった。コロナ前19年4月比でも2.…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1210 (5/27/2024) - 【1.今週の視点】 3月実質賃金▲2.5%、24カ月連続減/1-3月GDP実質年率換算▲2.0% ●実質賃金・GDP 厚生労働省が発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上)によると、現金給与総額(名目賃金)に…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1209 (5/17/2024) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状判断・先行き判断とも2カ月連続悪化 ●景気動向 内閣府が10日発表した4月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比2.4ポイント低下の47.4となり2カ…続きを読む

 

by .