週刊住宅産業エクスプレス―vol.1197

【1今週の視点】

1月街角景気/現状判断4カ月ぶり悪化、先行き判断3カ月連続改善

●景気動向
内閣府が8日発表した1月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが50.2となり4カ月ぶりに悪化した。
物価高による買い控えや能登半島地震等が影響した。
内閣府では景気判断を「緩やかな回復基調が続いているものの、一服感がみられる」とし、前月の判断を据え置いたが、「能登半島地震の影響もみられる」という文言を付け加えた。

一方、2-3カ月先の景気の先行きに対する判断DIは52.5となり3カ月連続で改善した。
内閣府では先行きについて「価格上昇の影響等を懸念しつつも、緩やかな回復が続くとみている」とし、前月の判断を据え置いた。

住宅市場は、大手中堅住宅メーカー13社の1月受注棟数が前年同月比▲4.4%、集客が同▲6%となった。
12月受注では主力の戸建請負に若干持ち直しの兆しも感じられたが、再び動きが鈍化している。
住宅価格の高騰、物価高、実質賃金低下に加え、能登半島地震によるマインド低下も影響したと考えられる。

●2024年1月受注棟数伸率
★全体13社計…▲4.4%、前月比6.3p低下、2カ月ぶり減
★大手 8社計…▲8.6%、前月比6.4p低下、10カ月連続減
★中堅 5社計…7.8%増、前月比13.1p低下、6カ月連続増

■街角景気の推移
街角景気の推移

 

【2.1月受注速報】主要13社計▲4.4%、2カ月ぶり減

~【受注】戸建請負が再び鈍化、アパート好調、【集客】▲6%、19年比▲58%に悪化

  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1199 (2/26/2024) - 【1.今週の視点】 2月月例/基調判断「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復」に下方修正 ●景気動向 内閣府が21日発表した2月の月例経済報告によると、景気の総括判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復し…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1198 (2/19/2024) - 【1.今週の視点】 10-12月実質GDP成長率▲0.1%/2四半期連続マイナス成長 ●景気動向 内閣府が15日発表した2023年10-12月のGDP(国内総生産)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比▲0.1%、…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1197 (2/13/2024) - 【1.今週の視点】 1月街角景気/現状判断4カ月ぶり悪化、先行き判断3カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが50.2となり4カ月ぶりに悪化した。…続きを読む

 

by .