週刊住宅産業エクスプレス―vol.1020

【1今週の視点】

4月【景気動向指数】【消費支出】とも過去最大マイナス幅

●景気動向

内閣府が5日発表した4月の景気動向指数(速報値、2015年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比7.3ポイント低下の81.5、2~3カ月先の見通しを示す先行指数が同8.9ポイント低下の76.2となった。両指数とも比較可能な85年以降で最大のマイナス幅となった。

一方、総務省が5日発表した4月家計調査では、1世帯当たり(2人以上)の消費支出が前年同月比▲11.1%となった。比較可能な01年以降で最大のマイナス幅となった。新型コロナウイルスの影響が拡大している。

住宅市場は、大手住宅メーカー10社の4月受注が前年同月比▲31%、先行指標の集客が▲80%となった。

5月はさらにマイナス幅拡大が予想されるが、住宅計画者は確実に存在する。住宅業界では既に集客、商品・提案、商談など多方面で新しい動きが出始めている。知恵とアイデアによる柔軟な変化で住宅計画者の期待に応えたい。

■景気動向指数の推移(内閣府)景気動向指数の推移(内閣府)

 

【2.商品情報】暮らし変化・コロナ(疫病)共存を見据えた商品戦略

~大和「快適ワークプレイス」等、ヤマダ「NEXIS抗菌+」、サンヨー「ゆとりモア」  

 

【3.イベント情報】販促イベントもWEB活用が拡大する

~PHs「WEBライブセミナー」、大和・ミサワ・東急不・東大「オンライン・フォーラム」  
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』