週刊住宅産業エクスプレス―vol.1194

【1今週の視点】

日銀「生活意識アンケート調査」/景況感「良くなった」9.3%に低下

●景況感
日銀が17日発表した2023年12月の「生活意識に関するアンケート調査」によると、「1年前と比べた現在の景況感」について「良くなった」の回答が9.3%となり、前回9月調査の12.5%から3.2ポイント低下する一方、「悪くなった」の回答が58.9%となり前回調査の55.0%から3.9ポイント上昇した。

また、1年後の景況感については、「変わらない」の回答が上昇し、「良くなる」「悪くなる」の回答がともに低下しており、先行きの不透明感を反映する結果となっている。

住宅市場は、受注の先行指標となる新春集客が展示場中心に前年比▲20%となり、新型コロナ、消費増税の影響を除く18年比で28%水準(▲72%)の超低水準となった。

住宅計画者が旅行やレジャーに相当数流れたことや能登半島地震が心理面も含めマイナス要因になったと考えられる。
来場者の中身は比較的濃いようだが、丁寧なフォロー、連続的な仕掛けの継続で背中を後押しし、ランクアップ、契約へと繋げていきたい。

■日銀「生活意識に関するアンケート調査」(2023年12月)
日銀「生活意識に関するアンケート調査」(2023年12月)

 

【2.イベント情報】速報!2024年新春集客

~【来場伸率】▲20%、18年比▲72%、【総合評価】何とも言えない
  

【3.受注情報】2023年12月受注最終集計

~大手中堅15社1.9%増、大手10社▲2.2%に下方修正
  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1198 (2/19/2024) - 【1.今週の視点】 10-12月実質GDP成長率▲0.1%/2四半期連続マイナス成長 ●景気動向 内閣府が15日発表した2023年10-12月のGDP(国内総生産)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比▲0.1%、…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1197 (2/13/2024) - 【1.今週の視点】 1月街角景気/現状判断4カ月ぶり悪化、先行き判断3カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが50.2となり4カ月ぶりに悪化した。…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1196 (2/6/2024) - 【1.今週の視点】 1月「消費動向調査」/消費者心理4カ月連続改善  ●消費者心理 内閣府が31日発表した1月の消費動向調査によると、消費者心理の指標となる「消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)」が38.0となり…続きを読む

 

by .