月刊TACT―2017年11月号

【1.今月の焦点

  • 激動の時代、幕末維新と住宅業界 -  今から150年前、1867年の今頃は、江戸から明治へと移り行く、日本史上でも最も政治が激しく動いた動乱期である。10月14日には大政奉還、今号が発刊される11月15日は、京都近江屋で坂本龍馬が暗殺された日だ(旧暦慶応3…続きを読む

2.トピック・ズームアップ

貸家受注マイナスへ、次世代戦略に動く~2017年度第Ⅱ四半期決算
 

3.特集レポート

  1.ビルダー業界維新~特別編・1 勢力図異変、年商100億円の壁を超える
    ●ビルダーの年商規模が確実に拡大、勢力図の異変が各所で起こる
    ●直近で100億円超えたビルダー~シアーズホーム、ヤマト住建、アサヒグローバル
    ●もうすぐ100億円の地方ビルダーも高い成長率~大票田愛知県での勢力図異変
    ●全国展開ビルダー、注文大手も伸び~新興勢力御三家、秀光、アイ工務店、ヤマダWH
    ●分譲系ビルダーでは1,000億円強豪10社
    ●着工縮小期にビルダーの成長力が高まる

  2.ビルダー業界維新~特別編・2 広域展開型ビルダーのエリア戦略
    ●桧家住宅グループ全国176拠点体制、ヤマダウッド、アイ工務店、秀光が急増
    ●広域ビルダーの拠点は単展から総展にシフト
    ●エリア別ビルダー拠点数比較
     ・北海道・東北は地元大手ビルダーが各県内で多拠点展開
     ・桧家住宅を筆頭に埼玉ビルダーが広域展開する北関東、首都圏
     ・他エリアからの進出少ない北信越、新興勢力が台頭してきた東海
     ・近畿はアイ工務店、中四国はカバヤ、九州は谷川建設vs悠悠ホームvs昭和建設

  3.住宅業界内で二極化する収益力分析
    ●やはり収益力で強い大手ハウスメーカー
    ●大手ハウスメーカーの収益力比較~積水、大和の総合的収益率が上昇
    ●総合大手とは完全に二極化、中堅ハウスメーカーの利益は苦戦
    ●ビルダーの収益力も完全二極化~超高収益企業は何が違うか
    ●波のある分譲系ビルダー、現状建売市場好調で収益力は上昇

 

4.その他

  • 【住宅メーカーの受注動向レポート】
  •  着工戸数は前年割れ、集客・受注ギャップを懸念<2017年度・第Ⅱ四半期>
  • 【住宅メーカー・エリア深耕策】
  •  2階建ボリュームゾーンに真剣に向き合った企業が勝つ~神奈川
  • 【ビルダー業界維新】
  •  消費増税後を見据えた戦略構築が急務~山口
  • 【地域ビルダー紹介】
  •  CLTの新構法を開発、総合企業へと前進~ライフデザイン・カバヤ
  • 【紙上セミナー】
  •  ノリ重視のエクスプレッシブタイプ攻略
  • 【広告に見る住宅業界】
  •  新築・中古流通の相乗効果で好循環へ

 

『月刊TACT』試読お申込み

 

 

 

■過去の『月刊TACT』

  • 月刊TACT―2019年1月号 (1/17/2019) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 次世代住宅ポイントの強力後押し   【3.特集レポート】   1.2019年展望~消費増税は乗り越えられる       2.事前認知度アップが益々重要に~2019年ハウ…続きを読む
  • 月刊TACT―2018年12月号 (12/14/2018) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 住宅ローン減税延長で反動減は?   【3.特集レポート】   1.2018年度有力ビルダーの経営力比較       2.ビルダー最新テーマ~人材、コト消費、ゆとり攻略 …続きを読む
  • 月刊TACT―2018年11月号 (11/15/2018) - 【1.今月の焦点】 【2.トピック・ズームアップ】 戸建受注がようやく回復へ向かう~2018年度第Ⅱ四半期   【3.特集レポート】   1.住宅業界の収益力と稼ぎ頭の変遷       2.最後の消費税増税対策⑥~恩恵は…続きを読む