週刊住宅産業エクスプレス―vol.1096

【1今週の視点】

2021年11月新設住宅着工戸数3.7%増/持家5.5%増、貸家1.4%増

●住宅着工
国交省の建築着工統計によると11月の新設住宅着工戸数は73,414戸、前年同月比3.7%増(前年11月▲3.7%)、9カ月連続増となった。

利用関係別には持家25,329戸(前年同月比5.5%増、13カ月連続増)、貸家26,810戸(同1.4%増、9カ月連続増)、分譲一戸建12,509戸(同10.0%増、7カ月連続増)、分譲マンション8,239戸(同1.4%増、4カ月ぶり増)となる。

また、建築工法別にはプレハブ10,114戸、前年同月比4.7%増、7カ月連続増。ツーバイフォー8,526戸、同▲0.4%、8カ月ぶり減となる。

地域別、利用関係別伸率は以下の通り。
◇首都圏:持家3.1%増、貸家▲5.2%、分譲▲0.0%
◇中部圏:持家12.3%増、貸家▲2.7%、分譲16.6%増
◇近畿圏:持家3.1%増、貸家11.5%増、分譲▲24.9%
◇その他:持家5.2%増、貸家4.9%増、分譲44.9%増
 

■新設住宅着工:利用関係別戸数伸率推移
製造業・非製造業の業況判断(2021年12月)資料)国土交通省「建築着工統計調査」

 

【2.業界動向】2021年を象徴するキーワード

~【自社編】新たな取り組み、【業界編】営業・ニーズ変化、資材価格高騰etc
 

【3.市場動向】2021年受注動向

~予想以上の健闘から終盤失速、 2022年も積極的に打って出よう
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1119 (6/27/2022) - 【1.今週の視点】 6月月例経済報告/現状判断「持ち直しの動きがみられる」3カ月連続据え置き ●景気動向 内閣府が20日発表した6月の月例経済報告によると、国内景気の現状判断を「持ち直しの動きがみられる」とし3カ月連続で…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1118 (6/20/2022) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状3カ月連続改善・先行き4カ月連続改善 ●企業景況感 財務省と内閣府が13日発表した4-6月期の法人企業景気予測調査によると、大企業の全産業の景況判断指数(BSI)が▲0.9となり、2…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1117 (6/14/2022) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状3カ月連続改善・先行き4カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した5月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが54.0となり前月比3.6ポイント上昇し、3…続きを読む