’21住宅メーカーの競争力分析【8/25発刊】

資料の詳細を見る

資料のお申し込み

PDF販売開始!詳細はコチラ
※書籍とセットでの販売(PDFのみの販売不可)となります。

資料概要

住宅マーケティングの定番として大好評 !!
日本唯一!住宅メーカーに関する本格的調査資料

市場と企業の最新動向を探る必携資料、是非ご活用下さい!
JSK調査!2020年度都道府県別住宅販売ランキング発表
21年度着工は増加予想の83.5万戸、大手ハウスメーカーはコロナ禍からの復活なるか!

2020~2021年度住宅業界総展望。
住宅市場に関する企業別動向&パワーバランスが情報収集できる1冊!
☆低層住宅販売棟数ランキングでは、一建設、アーネストワンの飯田GHD企業が1位、2位を独占!!
☆戸建住宅販売棟数は一建設グループがトップに、住宅ブランドごとでは一条工務店が今年も首位!
☆地域ビルダー躍進止まらず、低層住宅販売棟数№1都道府県は31エリア
☆アパート販売棟数ランキングは大東建託No1、苦戦継続も顔ぶれ変わらず、一棟売り業者が復活!?

国土交通省による2020年度新設住宅着工戸数は812千戸の前年比▲8.1%と2年連続の減少。
2020年度は新型コロナウィルス感染症拡大防止に伴う、緊急事態宣言などの発出があったことで、大手ハウスメーカーを中心とする主力住宅会社の集客源「総合住宅展示場」への来場が都市部中心に激減。
WEB集客などの切り替えを各社急いだものの、大手ハウスメーカーを中心に苦戦。
代わって伸ばしたのは、モノと価格のバランスを上手く訴求したローコスト中堅ハウスメーカーや建売系パワービルダーで、将来不安が拡大した一方で、ステイホームに伴い旺盛化した戸建需要をキャッチ。
地域ビルダーのM&Aもどんどん進み、住宅会社のサバイバル戦が一層し烈に。住宅産業の構造に加え、販売手法などの大転換が始まるのか。
本書は、1977年より毎年版を重ねている、住宅メーカーに関する本格調査資料となります。
主要住宅メーカーの最新動向を調査分析、より実勢に近い着工ベース(建築確認)での県別競争力など、豊富なマーケットデータも収録しております。

■20年度トップメーカーはどこか(建築確認ベース)
20年度トップメーカーはどこか(建築確認ベース)

【装本】
A4横判 265ページ
最新号発刊日:2021年8月25日
 

収録内容

基本情報、決算概要推移、労務状況、販売実績(5年推移)、商品構成、販売戦略・商品戦略概況、都道府県別販売状況、その他豊富なデータ満載

Ⅰ.調査総括

1.市場見通しとプレハブ、2×4普及率
(1)コロナ禍で減少幅拡大、リーマンに次ぐ少ない着工数に
(2)持家でも賃貸でも在来工法がシェアを拡大
(3)低層プレハブのシェアは貸家は横ばいに留めるも持家は低下
(4)2×4は持家、貸家ともシェアを低下
(5)持家、貸家ともランクインする顔ぶれの変動は無いが大幅減
(6)持家プレハブ1戸当たりの工事費予定額は3,311 万円に上昇
(7)2×4の工事費予定額は2,315万円で前年比マイナス
(8)床面積帯状況~持家の小型化、貸家はシングル物件が減少
(9)階層別状況~平屋のシェアが更に拡大

2.住宅の業態別・供給規模別着工状況

3.主要住宅メーカーの2020年~ 2021年度戦略展望
(1)積水ハウス~コロナ禍で減益となるも、売上は過去最高を達成
(2)大和ハウス工業~ 21年度から事業本部制が本格始動
(3)積水化学工業~土地戦略に注力した事で建売販売が好調
(4)ミサワホーム~ニューノーマル対応商品が好調
(5)住友林業~ WEBを活用した取り組みで受注増を狙う
(6)旭化成ホームズ~組織改編で営業力を強化し巻き返しを図る
(7)パナソニックホームズ~大型パネル構法の積極販売で利益確保
(8)三井ホーム~中規模木造ブランド展開が本格的に始動

Ⅱ.収益性分析

1.コロナ禍で明暗が分かれた住宅会社タイプ別業績
2.大手8社は減収減益傾向もコロナ影響は最小限に
3.2020年度住宅メーカー経営指標ランキング
4.分譲系ビルダーの収益率は大幅改善

Ⅲ.販売戦略分析

1.営業販売効率と各社ポジション
(1)営業マン1名当り販売棟数は4.45→ 4.12棟と大きく減少
(2)営業1名当り販売棟数はタマが断トツのトップに

2.展示場出展状況と販売効率
(1)コロナ禍により総展の減少が鮮明に
(2)展示場競争力~展示場当り販売棟数は26.7 → 24.9 棟に低下
(3)エリア別展示場状況~東名阪を中心に大きく減少中

3.メーカー25社の販売3大都市圏比率は59.6%
4.ハウスメーカーの海外事業

Ⅳ.都道府県別ランキング

1.低層住宅全国販売ランキング
(1)総合~一建設1.3万棟、アーネスト、一条1.2万棟、積水1.1万棟
(2)戸建住宅~一建設、アーネスト、一条の3社が1万棟台
(3)アパート~大東№1もコロナ影響大で5,000棟割り込む
(4)工法、構造ランキング~プレハブ住宅って何だ?

2.県別販売力分析~No1一条、化学4、積水3、タマ2
3.一条がNo1県減らすも、1位獲得候補エリアは多数
4.都道府県別住宅販売ランキング(確認申請ベース)
5.都道府県別低層アパート販売市場掌握実態

Ⅳ.調査個表(下記29社を収録)

   収録企業(29社)
㈱アイ工務店
旭化成ホームズ㈱
飯田グループホールディングス㈱
㈱一条工務店
㈱オープンハウス
ケイアイスター不動産㈱
サンヨーホームズ㈱
新昭和グループ
スウェーデンハウス㈱
住友不動産㈱
住友林業㈱
積水化学工業㈱
積水ハウス㈱
セルコホーム㈱
大東建託㈱
大和ハウス工業㈱
タマホーム㈱
㈱土屋ホールディングス
東建コーポレーション㈱
トヨタホーム㈱
㈱日本ハウスホールディングス
パナソニックホームズ㈱
㈱ヒノキヤグループ
ミサワホーム㈱
三井ホーム㈱
㈱ヤマダホームズ
㈱ユニバーサルホーム
㈱LIXIL住宅研究所
㈱レオパレス21

■主要メーカーを徹底分析(概要表+組織図+拠点一覧)

【個表内容①】
●基本情報
住所・代表者・資本金・設立・営業拠点・業況分析

●決算概要推移
総売上高・完工高・営業利益・経常利益・従業員・1人当売上…

●労務状況
事務管理・営業・設計・施工等…

●販売実績(5年推移)
総販売棟数・総販売戸数・戸建実績・集合実績等…

●商品構成
商品販売状況(受注棟数・販売棟数・坪単価・平均床面積等…)

●関連会社等
●販売戦略・商品戦略概況

【個表内容②】
●地域別販売実績・販売戦力配置(営業マン)展示場数・販売効率
●都道府県別販売状況

展示場数・営業拠点数・販売棟数及びシェア

●地域戦略概況
●販売棟数ベスト5(棟数・シェア)

【個表内容③】※一部の企業に限る

●都道府県別戸建住宅販売状況
●都道府県別賃貸住宅販売状況

【組織図】
【拠点一覧】
【モデルハウス一覧】等々

■サンプル(参考:’20住宅メーカーの競争力分析)

 

価格

定価
一般 100,000円(税込 110,000円)
各種会員(※) 90,000円 (税込 99,000円) 10% 割引!

PDF販売を開始いたしました。
詳細はコチラ

※各種会員とは下記いずれかになります。
TACT / TACTリフォーム / エクスプレス / TACTテレビ / eカウンセリング /ハウスメーカーレポート

 

ご購入方法

各商品ページの購入フォームからのお申し込み、または申込書のFAX送信もしくはメール添付でのお申し込みができます。

お申し込み後の流れ


(1) 購入申込みの受付

[申込みフォームからの受付]
受付完了の自動返信メールが送られます。
[FAXでの受付]
受付完了の連絡等はございません。
[メール添付での受付]
【jsk-mrk@tact-jsk.co.jp】宛にお申込みPDFを添付の上、ご連絡ください。
追って受付完了のご連絡を差し上げます。


(2) 請求書+商品の発送

[弊社資料を初めてご購入されるお客様]
ご入力いただいた住所宛に請求書を送付いたします。入金確認後に商品を発送させていただきます。
[既にご購入経験のあるお客様]
商品と請求書を同封の上、発送いたします。



注意事項

・弊社資料は法人のお客様のみのお取扱いとなっており、個人のお客様は対象外とさせていただいております。何卒ご了承ください。
・弊社と同業(シンクタンク、マーケティング、コンサルティング等)の企業様には、 弊社資料の販売をお断りさせていただく可能性があります。何卒ご了承ください。

その他よくある質問はこちら

お申込みフォーム

お申込み企業様情報

必須貴社名
必須郵便番号(半角数字)
必須住所
必須お電話番号
FAX番号
必須部署・役職
必須お名前
必須連絡メールアドレス
必須PDFデータ版
※書籍とセットでの販売(PDFのみの販売不可)。費用はお見積をお送りします
必須当社サービスのご入会状況
会員No.またはID




備考欄

こちらの内容でよろしければチェックを入れて送信してください。

【お申込みについて】

・お申込みの送信が完了しましたら、jsk-mrk@tact-jsk.co.jpより受付完了の旨の自動返信メールが届きます。

 迷惑メールフィルターを設定の方は、上記のアドレスの受信許可設定をした上でお申込みください。

・自動返信メールが届かない場合は、お手数ですが再度フォームよりお申込みくださいませ。

お申込み用紙

 お申込み用紙(PDF)のダウンロード
 

バックナンバー