週刊住宅産業エクスプレス―vol.952

【1今週の視点~11月新設住宅着工戸数▲0.6%、2カ月ぶり減/持家2.5%増、貸家▲6.9%】

●新設住宅着工
国交省の建築住宅着工統計によると11月の新設住宅着工戸数は84,213戸、前年同月比▲0.6%、前月比0.9p低下、2カ月ぶり減。
利用関係別に、持家25,527戸(前年同月比2.5%増、2カ月連続増)、貸家34,902戸(同▲6.9%、3カ月連続減)、分譲一戸建12,561戸(同▲0.2%、8カ月ぶり減)、分譲マンション10,460戸(同15.6%増、4カ月連続増)。建築工法別にはプレハブ12,105戸(同▲1.8%、3カ月連続減)、ツーバイフォー10,342戸(同▲3.7%、2カ月ぶり減)。
 
■新設住宅着工:利用関係別戸数伸率推移
新設住宅着工:利用関係別戸数伸率推移※国土交通省「建築着工統計調査報告」より
 

【2.12月受注速報

 主要11社計5.8%増、9カ月連続増
受注/緩やかな回復続く、集客/休日当たり▲5%、一服感

 
購読申込みはコチラから

 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1209 (5/17/2024) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/現状判断・先行き判断とも2カ月連続悪化 ●景気動向 内閣府が10日発表した4月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比2.4ポイント低下の47.4となり2カ…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1208 (5/2/2024) - 【1.今週の視点】 4月月例経済報告/基調判断「景気はこのところ足踏みも緩やかに回復」据え置き ●景気動向 内閣府が23日に発表した4月の月例経済報告によると、景気の総括判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに回復…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1207 (4/23/2024) - 【1.今週の視点】 日銀「生活意識アンケート」/低水準ながら景況感は持ち直しの兆し ●景気動向 日銀が12日に発表した2024年3月の「生活意識に関するアンケート調査」によると、「1年前と比べた現在の景況感」について「良…続きを読む

 

by .