週刊住宅産業エクスプレス―vol.1195

【1今週の視点】

1月月例経済報告/国内景気判断「緩やかに回復」据え置き

●景気動向
内閣府が25日発表した1月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「このところ一部に足踏みもみられるが、緩やかに回復している」とし前月の判断を据え置いた。
個別項目では「輸出」を「このところ持ち直しの動きに足踏みがみられる」とし下方修正したが、その他の項目は前月の判断を据え置いた。
GDPの半分以上を占める「個人消費」については「持ち直している」となる。なお、内閣府では能登半島地震について、「経済に与える影響に十分留意する必要がある」としている。

住宅市場は、大手中堅住宅メーカー15社全体の23年12月受注棟数伸率が前年同月比1.9%増、集客が同▲5%、24年新春集客が前年同期比▲20%となった。
厳しい市場環境が続いているが、資料請求はプラス基調にある。積極的な仕掛けの継続でリアルな集客・商談に結び付け、一件でも多くの契約につなげたい。

■内閣府「月例経済報告」(令和6年1月)
内閣府「月例経済報告」(令和6年1月)

 

【2.ビルダー・FC特集】2023年10-12月受注・集客動向

~【受注】ビルダー/比較的健闘、【集客】若干持ち直しの兆し
  

【3.受注情報①】大和H23年12月受注・集客

~【戸建・分譲】厳しい、【集合】ZEH-M仕様60%、分譲賃貸30%
  

【4.受注情報②】2024年1-3月、4-6月受注予想

~平均像は1-3月【▲2~3%】、4-6月【前年並み】
  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1198 (2/19/2024) - 【1.今週の視点】 10-12月実質GDP成長率▲0.1%/2四半期連続マイナス成長 ●景気動向 内閣府が15日発表した2023年10-12月のGDP(国内総生産)速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比▲0.1%、…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1197 (2/13/2024) - 【1.今週の視点】 1月街角景気/現状判断4カ月ぶり悪化、先行き判断3カ月連続改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した1月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが50.2となり4カ月ぶりに悪化した。…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1196 (2/6/2024) - 【1.今週の視点】 1月「消費動向調査」/消費者心理4カ月連続改善  ●消費者心理 内閣府が31日発表した1月の消費動向調査によると、消費者心理の指標となる「消費者態度指数(2人以上の世帯・季節調整値)」が38.0となり…続きを読む

 

by .