週刊住宅産業エクスプレス―vol.1177

【1今週の視点】

8月街角景気/現状判断・先行き判断とも2カ月ぶり悪化

●景気動向
内閣府が8日発表した8月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが53.6となり前月比で0.8ポイント低下し2カ月ぶりに悪化した。
内閣府では景気判断の表現を「緩やかに回復している」とし前月の判断を据え置いた。
一方、先行き判断DIは51.4となり前月比で2.7ポイント低下し2カ月ぶりに悪化した。内閣府では先行きについて「価格上昇の影響等を懸念しつつも、緩やかな回復が続くとみている」としている。

住宅市場は、大手中堅メーカー15社の7月受注棟数伸率が前年同月比▲8.0%、集客が同▲7~8%となった。長引く集客減で商談絶対数が不足しており、住宅価格の高騰や物価高で「予算が追い付かない」という住宅計画者が増加している。
市場やユーザーの変化に対応した商品戦略がこれまで以上に重要なテーマになりそうだ。

■街角景気(現状判断・先行き判断)の推移
街角景気(現状判断・先行き判断)の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.ユーザー動向『2022年度フラット35利用者調査』(住宅金融支援機構)より

~全住宅タイプで「年齢」「世帯年収」「建設費・購入価格」「返済負担率30%以上」が上昇
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1214 (6/18/2024) - 【1.今週の視点】 5月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月連続悪化  ●景気動向 内閣府が10日発表した5月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比1.7ポイント低下の45.7となり3…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1213 (6/10/2024) - 【1.今週の視点】 1-3月法人企業統計/売上高2.3%増、経常利益15.1%増、設備投資額6.8%増 ●企業動向 財務省が3日発表した2024年1-3月期の法人企業統計によると、金融業と保険業を除く全産業の売上高は前年…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1212 (6/5/2024) - 【1.今週の視点】 4月新設住宅着工戸数13.9%増、11カ月ぶり増/持家▲3.9%、貸家20.6%増 ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると4月の新設住宅着工戸数は76,583戸、前年同月比13.9%増(前年4月▲1…続きを読む

 

by .