週刊住宅産業エクスプレス―vol.1043

【1今週の視点】

国交省/全国主要100地区の地価は3カ月前比で【下落】45地区に上昇

●地価動向

国交省は19日、「主要都市の高度利用地地価動向報告」(地価LOOKレポート)を発表した。全国の主要100地区の10月時点での地価変動は、前回7月調査との比較で、下落した地区数が45地区(3%未満37地区、3~6%未満8地区)となり、前回の38地区から7地区増加した。

新型コロナウイルスの影響により、都市部の商業地中心に地価下落が目立つ。新型コロナの感染は再拡大傾向にある。地価先安を背景とした住宅計画者の様子見、動き鈍化が懸念される。

住宅市場は、直近の10月受注棟数が大手中堅15社全体で前年同月比▲3%と3カ月ぶりにマイナスに転じたものの何とか1ケタ前半のマイナスに踏み止まった。

予断を許さない状況が続くが、新型コロナにより住宅や暮らし方への関心が高まっていることも事実。安全・安心の商談・提案で、住宅計画者の背中を後押ししたい。

■地価の上昇・横ばい・下落の地区数一覧
地価の上昇・横ばい・下落の地区数一覧 資料)国土交通省「主要都市の高度利用地地価動向報告~地価LOOKレポート~
※毎年1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の計4回実施。3カ月目と比較。

 

【2.財務情報】住宅メーカーの2020年度中間業績と通期予想

~【中間】5社中増収1社、営業増益1社、【予想】4社とも減収・減益
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1048 (1/12/2021) - 【1.今週の視点】 11月新設住宅着工戸数▲3.7%、/持家1.5%増、貸家▲8.1% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると11月の新設住宅着工戸数は70,798戸、前年同月比▲3.7%(前年11月▲12.7%)、1…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1047 (12/21/2020) - 【1.今週の視点】 政府の2021年度GDP成長率見通し4.0% ●経済見通し 政府は毎年末に翌年度の経済見通しを示すが、18日、令和3年度(2021年度)の実質国内総生産(GDP)の伸び率を20年度比でプラス4.0%と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1046 (12/14/2020) - 【1.今週の視点】 11月街角景気/【現状判断】7カ月ぶり悪化、基調判断も下方修正 ●景気動向 内閣府が8日発表した11月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)によると、景気の現状判断が前月比8.9ポイント低下の45.6と…続きを読む