週刊住宅産業エクスプレス―vol.1032

【1今週の視点】

8月消費者心理は4カ月ぶり悪化

●消費者心理

内閣府が31日発表した8月「消費動向調査」によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上の世帯)が前月比0.2ポイント低下の29.3となり、4カ月ぶりに悪化した。

同指数を構成する4つの意識指標のうち、「耐久消費財の買い時判断」を除く3指標(暮らし向き、収入の増え方、雇用環境)が前月比で悪化した。内閣府では基調判断を下方修正し「持ち直しのテンポが緩やかになっている」とした。下方修正は4月以来、4カ月ぶりになる。

住宅市場は、夏の集客が概ね▲10~15%となったが、イベントやお土産目当ての来場者は比較的少なく、コロナ以前との比較で中身の濃い住宅計画者が目立つようだ。先行きは不透明であり決して楽観できないが、住宅計画者の期待を裏切らない接客と商談で、一件でも多くの契約に結び付けたい。

■■消費者態度指数(消費者心理)と消費者意識指標の推移
■消費者態度指数(消費者心理)と消費者意識指標の推移

資料)内閣府「消費動向調査」

 

【2.ユーザー動向】『2019年度フラット35利用者調査』(住宅金融支援機構)より

~建設費・購入価格が全住宅タイプで上昇、中古系は4%以上上昇

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1061 (4/12/2021) - 【1.今週の視点】 3月街角景気/【現状】2カ月連続改善、【先行き】4カ月ぶり悪化 ●景気動向 国交省の建築着工統計によると2月の新設住宅着工戸数は60,764戸、前年同月比▲3.7%(前内閣府が8日発表した3月の景気ウ…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1060 (4/5/2021) - 【1.今週の視点】 2月新設住宅着工戸数▲3.7%、20カ月連続減/持家4.3%増、貸家▲0.4% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると2月の新設住宅着工戸数は60,764戸、前年同月比▲3.7%(前年2月▲12.3…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1059 (3/30/2021) - 【1.今週の視点】 3月月例経済報告/「持ち直しの動き続くが、一部に弱さ」据え置き ●景気動向 内閣府が23日発表した3月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳し…続きを読む