週刊住宅産業エクスプレス―vol.1004


※エクスプレス会員様はご契約1口につき1名様を無料でご招待!

【1今週の視点】

内閣府「12月景気動向指数」/基調判断5カ月連続【悪化】

●景気動向

内閣府が7日発表した12月の景気動向指数(速報値、2015年=100)によると、景気の現状を示す一致指数が前月比横ばいの94.7となった。一致指数を構成する9指標のうち判明している7指標中4指標が悪化、3指標が改善した。

同指数から機械的に決める基調判断は5カ月連続「悪化」となった。悪化の継続期間は、リーマン危機前後の08年6月から09年4月までの11カ月間に次ぐ長さとなる。

住宅市場は集客減、消費増税、先行き不透明の中で、重い動きが続いているが、さらに今後は、新型コロナウイルスの影響が下押し要因になることが懸念される。

なかなか明るい材料が見当たらないが、こんな時こそ、積極的な仕掛けを継続し、住宅計画者の背中を後押ししたい。

 
■内閣府「景気動向指数」/先行指数・一致指数の推移内閣府「景気動向指数」/先行指数・一致指数の推移

 

【2.商品情報

2019年発売【戸建て新商品】のその後
~一次取得向け・防災住宅中心に反響・受注はまずまず
 
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1035 (9/28/2020) - 【1.今週の視点】 9月月例経済報告/総括判断2カ月連続「持ち直しの動き」据え置き ●景気動向 内閣府が24日発表した9月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳し…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1034 (9/24/2020) - 【1.今週の視点】 7-9月企業景況感/大企業プラス回復も中小企業苦戦続く ●企業景況感 財務省と内閣府が11日発表した7-9月期の「法人企業景気予測調査」によると、大企業全産業の景況判断指数(自社の現在の景況が前期と比…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1033 (9/14/2020) - 【1.今週の視点】 8月街角景気/【現状】4カ月連続改善、【先行き】2カ月ぶり改善 ●景気動向 内閣府が8日発表した8月「景気ウオッチャー調査」によると、景気の現状判断が前月比2.8ポイント上昇の43.9となり、4カ月連…続きを読む