週刊住宅産業エクスプレス―vol.1004


※エクスプレス会員様はご契約1口につき1名様を無料でご招待!

【1今週の視点】

内閣府「12月景気動向指数」/基調判断5カ月連続【悪化】

●景気動向

内閣府が7日発表した12月の景気動向指数(速報値、2015年=100)によると、景気の現状を示す一致指数が前月比横ばいの94.7となった。一致指数を構成する9指標のうち判明している7指標中4指標が悪化、3指標が改善した。

同指数から機械的に決める基調判断は5カ月連続「悪化」となった。悪化の継続期間は、リーマン危機前後の08年6月から09年4月までの11カ月間に次ぐ長さとなる。

住宅市場は集客減、消費増税、先行き不透明の中で、重い動きが続いているが、さらに今後は、新型コロナウイルスの影響が下押し要因になることが懸念される。

なかなか明るい材料が見当たらないが、こんな時こそ、積極的な仕掛けを継続し、住宅計画者の背中を後押ししたい。

 
■内閣府「景気動向指数」/先行指数・一致指数の推移内閣府「景気動向指数」/先行指数・一致指数の推移

 

【2.商品情報

2019年発売【戸建て新商品】のその後
~一次取得向け・防災住宅中心に反響・受注はまずまず
 
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1047 (12/21/2020) - 【1.今週の視点】 政府の2021年度GDP成長率見通し4.0% ●経済見通し 政府は毎年末に翌年度の経済見通しを示すが、18日、令和3年度(2021年度)の実質国内総生産(GDP)の伸び率を20年度比でプラス4.0%と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1046 (12/14/2020) - 【1.今週の視点】 11月街角景気/【現状判断】7カ月ぶり悪化、基調判断も下方修正 ●景気動向 内閣府が8日発表した11月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)によると、景気の現状判断が前月比8.9ポイント低下の45.6と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1045 (12/7/2020) - 【1.今週の視点】 10月新設住宅着工戸数▲8.3%、16カ月連続減/持家▲6.1%、貸家▲11.5% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると10月の新設住宅着工戸数は70,685戸、前年同月比▲8.3%(前年10月▲…続きを読む