週刊住宅産業エクスプレス―vol.981

【1今週の視点~7月街角景気/【現状判断】3カ月連続悪化、3年3カ月ぶり低水準】

●景気動向
内閣府が8日発表した7月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、足元の景況感を示す【現状判断指数】が41.2となり、前月比2.8p低下、3カ月連続の悪化、3年3カ月ぶりの低水準となった。

横ばいを示す50を19カ月連続で下回っている。企業動向関連、雇用関連、家計動向関連のすべてが悪化した。米中貿易摩擦や天候不順の影響が出ている。住宅市場は直近の7月受注が大手・中堅メーカーの受注棟数伸率で前年同月比▲9.4%となった。3月駆込みの反動よりも4-6月集客減の影響が出ている。

先行指標の集客は休日当たり5~6%増に回復したが、様子見・長期化が目立ちランクアップやクロージングのハードルは高い。積極的な仕掛けと丁寧なフォローを継続し、住宅計画者の背中を後押ししたい。

■街角景気の推移街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.7月受注速報

主要13社計▲9.4%、4カ月連続減
~【受注】マイナス幅1.5p縮小も動き重い/【集客】休日当り実質5~6%増も慎重派目立つ
 
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス工業、セキスイハイム、ミサワホーム、住友林業、パナソニックホームズ、旭化成ホームズ、三井ホームetc…    

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1065 (5/17/2021) - 【1.今週の視点】 4月街角景気/【現状】3カ月ぶり悪化、【先行き】2カ月連続悪化 ●景気動向 内閣府が13日発表した4月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが39.1となり、前月比9.9ポイン…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1064 (5/11/2021) - 【1.今週の視点】 3月新設住宅着工戸数1.5%増、21カ月ぶり増/20年度▲8.1%、2年連続減 ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると3月の新設住宅着工戸数は71,787戸、前年同月比1.5%増(前年3月▲7.6%…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1063 (4/26/2021) - 【1.今週の視点】 4月月例経済報告/基調判断「持ち直しの動きも一部に弱さ」据え置き ●景気動向 内閣府が22日発表した4月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳…続きを読む