週刊住宅産業エクスプレス―vol.1186

【1今週の視点】

10月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月連続悪化

●景気動向
内閣府が9日発表した10月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが49.5となり前月比で0.4ポイント低下し3カ月連続で悪化した。
内閣府では現状の景気判断を「緩やかに回復基調が続いているものの、一服感がみられる」とし前月の表現を維持した。
一方、先行き判断DIは48.4となり前月比で1.1ポイント低下し、3カ月連続で悪化した。内閣府では先行きについて「価格上昇の影響等を懸念しつつも、緩やかな回復が続くとみている」としている。

住宅市場は、大手中堅メーカー13社の10月受注棟数伸率が前年同月比▲2.0%、集客が同▲13%となった。
消費増税と新型コロナの影響を除く18年10月比では受注81%水準、集客50%水準となる。
厳しい状況が続いているが、「フラット35」「住宅省エネ2024キャンペーン」など新しい後押し材料も出てきた。
積極的な仕掛けで住宅計画者の背中を後押ししたい。

●2023年10月受注棟数伸率
★全体13社計…▲2.0%、前月比3.9p上昇、7カ月連続減
★大手 8社計…▲3.0%、前月比4.4p上昇、7カ月連続減
★中堅 5社計…1.7%増、前月比2.5p低下、3カ月連続増

■街角景気の推移
街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.10月受注速報】主要13社計▲2.0%、7カ月連続減

~【受注】厳しい中、何とか踏ん張る、【集客】休日当たり▲4~5%、資料請求プラス
  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1214 (6/18/2024) - 【1.今週の視点】 5月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月連続悪化  ●景気動向 内閣府が10日発表した5月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比1.7ポイント低下の45.7となり3…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1213 (6/10/2024) - 【1.今週の視点】 1-3月法人企業統計/売上高2.3%増、経常利益15.1%増、設備投資額6.8%増 ●企業動向 財務省が3日発表した2024年1-3月期の法人企業統計によると、金融業と保険業を除く全産業の売上高は前年…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1212 (6/5/2024) - 【1.今週の視点】 4月新設住宅着工戸数13.9%増、11カ月ぶり増/持家▲3.9%、貸家20.6%増 ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると4月の新設住宅着工戸数は76,583戸、前年同月比13.9%増(前年4月▲1…続きを読む

 

by .