週刊住宅産業エクスプレス―vol.1130

【1今週の視点】

8月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月ぶり改善

●景気動向
内閣府と財務省が13日発表した2022年7-9月期の「法人企業景気予測調査」によると、大企業の景況判断指数(前期と比べた景況感について「上昇」の回答割合から「下降」の回答割合を引いて算出)は【0.4】となり、4-6月期の▲0.9から改善し、3四半期ぶりのプラスとなった。
製造業は【1.7】となり3四半期ぶりのプラス、非製造業は【▲0.2】となり2四半期ぶりのマイナスとなった。

なお、今後の景況感の見通しについては、全体傾向として10-12月はプラス幅が大きくなるものの、来年1-3月はプラス幅が縮小し弱含みとなる。
また、中小企業については厳しい見通しが続く結果となっている。

住宅市場は、大手・中堅15社の8月受注棟数伸率が最終集計で▲13.8%、中間速報から1.4ポイントの下方修正となった。
集客▲6%は中間速報から3ポイントの下方修正となる。
厳しい市場環境が予想されるが、住宅計画者の期待を裏切らない接客・商談で一件でも多くの契約に結び付けたい。

■企業景況感の現状と見通し
企業景況感の現状と見通し資料)内閣府・財務省「法人企業景気予測調査(令和4年7-9月)」

 

【2.防災情報】2021年度『制震システム』『免震システム』の採用状況

~【制震】採用率は二極化、横ばい推移/【免震】全体10棟規模からさらに減少
 

【3.8月受注最終集計】15社計▲13.8%、中間速報から1.4p下方修正

~大手10社▲13.5%、中堅5社▲15.6%/集客▲6%
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1216 (7/5/2024) - 【1.今週の視点】 6月月例経済報告/現状判断「景気は、このところ足踏みも緩やかに回復」据え置き ●景気動向 内閣府が27日発表した6月の月例経済報告によると、国内景気の現状判断を「このところ足踏みもみられるが、緩やかに…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1215 (6/28/2024) - 【1.今週の視点】 5月消費者物価2.5%上昇/電気代14.7%上昇 ●消費者物価 総務省が21日に発表した5月の全国消費者物価指数によると、変動が大きい生鮮食品を除く総合が107.5となり、前年同月比2.5%の上昇とな…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1214 (6/18/2024) - 【1.今週の視点】 5月街角景気/現状判断・先行き判断とも3カ月連続悪化  ●景気動向 内閣府が10日発表した5月の景気ウォッチャー調査(街角景気)によると、景気の現状判断DIが前月比1.7ポイント低下の45.7となり3…続きを読む

 

by .