週刊住宅産業エクスプレス―vol.1046

【1今週の視点】

11月街角景気/【現状判断】7カ月ぶり悪化、基調判断も下方修正

●景気動向

内閣府が8日発表した11月「景気ウオッチャー調査」(街角景気)によると、景気の現状判断が前月比8.9ポイント低下の45.6となり、7カ月ぶりに悪化した。
10月は景況感の良し悪しの判断の分岐点50を2年9カ月ぶりに超えたが、新型コロナの感染再拡大が影響した。

一方、2~3カ月先の景気の先行きを示す先行き判断も前月比12.6ポイント低下の36.5となり4カ月ぶりに悪化した。

内閣府では、基調判断を「新型コロナウイルス感染症の影響による厳しさが残る中で、持ち直しに弱さがみられる。先行きについては、感染症の動向に対する懸念が強まっている。」とし下方修正した。

住宅市場は、大手・中堅15社の11月受注棟数が前年同月比▲1.7%、2カ月連続減となった。受注は何とか微減で踏ん張っているが、先行指標の集客は休日当り▲27~28%と大幅に落ち込んだ。
新型コロナの感染拡大の影響が懸念されるが、WEBの積極活用など見込み客の確保に注力したい。

■街角景気の推移
街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.11月受注速報】主要15社計▲1.7%、2カ月連続減

~【受注】高歩留まりで微減に踏ん張る/【集客】休日当たり▲27~28%、コロナ感染拡大も影響
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1076 (8/2/2021) - 【1.今週の視点】 7月月例経済報告/総括判断「一部で弱さ」2カ月連続据え置き ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると6月の新設住宅着工戸数は76,312戸、前年同月比7.3%増(前年6月▲12.8%)、4カ月連続増と…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1075 (7/27/2021) - 【1.今週の視点】 7月月例経済報告/総括判断「一部で弱さ」2カ月連続据え置き ●景気動向 内閣府が19日発表した7月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳しい状…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1074 (7/21/2021) - 【1.今週の視点】 日銀「地域経済報告」/【北陸・近畿】上方修正、【中国・四国】下方修正 ●地域経済 日銀が5日に公表した地域経済報告(さくらレポート)によると、全国9地域のうち北陸、近畿の2地域の景気判断を引き上げた一…続きを読む