週刊住宅産業エクスプレス―vol.1034

【1今週の視点】

7-9月企業景況感/大企業プラス回復も中小企業苦戦続く

●企業景況感

財務省と内閣府が11日発表した7-9月期の「法人企業景気予測調査」によると、大企業全産業の景況判断指数(自社の現在の景況が前期と比べて「上昇」と回答した企業の割合から「下降」と回答した割合を引いた値)はプラス2.0となり、1年ぶりにプラスに回復した。

前回調査(4-6月期)では、リーマン・ショック後の09年1-3月以来の低水準となる▲47.6だったが、急速に改善した。
但し、中小企業は苦戦が続いており▲25.8となる。過去最低だった前回4-6月期の▲61.1から改善しているが、依然として厳しい状況が続いている。

住宅市場は、大手・中堅15社の8月受注が棟数ベースで前年同月比7.0%増、17カ月ぶり増となった。8月時点では新型コロナの影響も落ち着きつつあり、前年のハードルは低いが先行指標の集客と共に回復傾向にある。
決して楽観できないが、中身の濃い住宅計画者が確実に動いている。アイデアと工夫で住宅計画者の背中を後押し、一件でも多くに受注に結び付けたい。

■大企業全産業の景況判断指数の推移(財務省・内閣府「法人企業景気予測調査」)
■大企業全産業の景況判断指数の推移(財務省・内閣府「法人企業景気予測調査」)

資料)時事通信社

 

【2.防災情報】2019年度『制震システム』『免震システム』の採用状況

~【制震】採用率は全社横ばい推移/【免震】メーカー全体で年間10棟程度
 

【3.8月受注最終集計】大手・中堅15社計7.0%増、17カ月ぶり増

~大手10社5.3%増、中堅5社19.5%増
 

【4.受注情報】2020年7-9月・10-12月受注予想(アンケート調査より)

~単純平均で7-9月±0~▲1%、10-12月▲3%

 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1061 (4/12/2021) - 【1.今週の視点】 3月街角景気/【現状】2カ月連続改善、【先行き】4カ月ぶり悪化 ●景気動向 国交省の建築着工統計によると2月の新設住宅着工戸数は60,764戸、前年同月比▲3.7%(前内閣府が8日発表した3月の景気ウ…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1060 (4/5/2021) - 【1.今週の視点】 2月新設住宅着工戸数▲3.7%、20カ月連続減/持家4.3%増、貸家▲0.4% ●住宅着工 国交省の建築着工統計によると2月の新設住宅着工戸数は60,764戸、前年同月比▲3.7%(前年2月▲12.3…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1059 (3/30/2021) - 【1.今週の視点】 3月月例経済報告/「持ち直しの動き続くが、一部に弱さ」据え置き ●景気動向 内閣府が23日発表した3月の月例経済報告によると、国内景気の総括判断を「新型コロナウイルス感染症の影響により、依然として厳し…続きを読む