週刊住宅産業エクスプレス―vol.1021

【1今週の視点】

5月街角景気/低水準ながら現状・先行き判断とも改善

●景気動向

内閣府が8日発表した5月の「景気ウォッチャー調査」(街角景気)の結果によると、景気の現状を示す現状判断が前月比7.6ポイント上昇の15.5となり4カ月ぶりに改善した。一方、2-3カ月先の見通しを示す先行き判断は前月比19.9ポイント上昇の36.5となり6カ月ぶりに改善した。

どちらも低水準ではあるが、内閣府では「極めて厳しい状況にあるものの、悪化に歯止めがかかりつつある。先行きについては、厳しさが続くものの、持ち直しへの期待がみられる。」としている。

住宅市場では、大手中堅14社の5月受注が前年同月比▲27.5%、先行指標の集客が▲70~75%となった。緊急事態宣言解除後の追い込みやWEB商談の効果もあり、予想よりも受注の落ち込みは小さい。集客も宣言解除後は動きが戻りつつある。有力見込み客の確保に注力したい。

■街角景気の推移街角景気の推移

資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.5月受注速報】主要14社計▲27.5%、14カ月連続減

~【受注】一昨年比65%水準、刈り取り感/【集客】▲70~75%、宣言解除で徐々に動き戻る  
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』