週刊住宅産業エクスプレス―vol.1009

【1今週の視点】

2月街角景気/現状・先行き大幅悪化、「新型コロナで急速に厳しい状況」

●景気動向

内閣府が9日発表した2月の「景気ウォッチャー調査」(街角景気)の結果によると、景気の現状を示す現状判断指数が前月比14.5ポイントの27.4となり大幅に悪化した。

東日本大震災直後の11年4月以来の低水準。内閣府では景気ウォッチャーの判断を「新型コロナウイルスの影響により、急速に厳しい状況となっている」に下方修正した。

住宅市場では、受注ベースで2月後半から商談の遅れなど影響が出始めており、集客は3月に入って前年比4割減、5割減の厳しい状況になっている。

新型コロナウイルスの影響による3月以降の受注大幅減が懸念される。中長期の管理客を含めフォローを徹底したい。

■街角景気の推移街角景気の推移資料)内閣府「景気ウォッチャー調査」

 

【2.2月受注速報

主要15社計▲7.0%、11カ月連続減
~【受注】後半、新型コロナで失速、【集客】休日当たり▲22~23%、新型コロナの影響拡大
 
 

※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』

  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1074 (7/21/2021) - 【1.今週の視点】 日銀「地域経済報告」/【北陸・近畿】上方修正、【中国・四国】下方修正 ●地域経済 日銀が5日に公表した地域経済報告(さくらレポート)によると、全国9地域のうち北陸、近畿の2地域の景気判断を引き上げた一…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1073 (7/13/2021) - 【1.今週の視点】 今週の視点 日銀6月「生活意識アンケート」/景況感やや改善も低水準、先行き懸念 ●景気動向 日銀が8日発表した6月の「生活意識に関するアンケート調査」で、個人の景況感(現在を1年前と比べると)が3期連…続きを読む
  • 週刊住宅産業エクスプレス―vol.1072 (7/5/2021) - 【1.今週の視点】 内閣府「消費動向調査」/消費者心理が3カ月ぶり改善 ●消費者心理 内閣府が30日に発表した6月「消費動向調査」によると、消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上の世帯)が前月比3.3ポイント上昇の37…続きを読む