消費増税後「住宅ローン減税」3年延長の方針

政府・与党は、消費増税の対策として「住宅ローン減税」を受けられる期間を3年間延長する方向で最終調整に入った。
住宅ローン減税制度とは、正式名称は「住宅借入金等特別控除」で、住宅を購入する際に、購入者の負担を軽減するための制度。
3年間延長の最終調整に入ったという発表により、既にSNSでは歓迎や困惑など様々な声があがっている。

 

住宅業界の最新ニュースや各種分析データを知りたい方はコチラ!