週刊住宅産業エクスプレス―vol.1019

【1今週の視点】

4月新設住宅着工戸数▲12.9%、10カ月連続減/持家▲17.4%、9カ月連続減

●住宅着工

国交省の建築着工統計によると4月の新設住宅着工戸数は69,162戸、前年同月比▲12.9%(前年4月▲5.7%)、10カ月連続減となった。

利用関係別には持家21,015戸(前年同月比▲17.4%、9カ月連続減)、貸家24,976戸(同▲15.4%、20カ月連続減)、分譲一戸建11,665戸(同▲8.1%、5カ月連続減)、分譲マンション10,723戸(同2.3%増、2カ月ぶり増)。

建築工法別にプレハブ8,078戸(同▲19.1%、2カ月ぶり減)、ツーバイフォー8,078戸(同▲14.4%、13カ月連続減)。

4月の地域別、利用関係別伸率は以下の通り。
◇首都圏:持家▲18.3%、貸家▲19.1%、分譲▲3.6%
◇中部圏:持家▲4.1%、貸家▲0.4%、分譲▲4.1%
◇近畿圏:持家▲25.7%、貸家▲13.7%、分譲▲13.4%
◇その他:持家▲18.4%、貸家▲15.4%、分譲▲17.8%

■新設住宅着工戸数の利用関係別伸率推移新設住宅着工戸数の利用関係別伸率推移

 

【2.財務情報】大手5社の2019年度決算と2020年度予想

~19年度/全社増収、4社営業増益、
20年度/発表3社中増収1社、営業増益1社
 
 
※掲載企業
積水ハウス、大和ハウス、積水化学工業、ミサワホーム、三井ホーム、住友林業、旭化成ホームズ、トヨタホーム、一条工務店etc…  
 

■過去の『週刊住宅産業エクスプレス』