2019年第1回TACTセミナー「消費増税後に優位に立つ戦略 」

セミナー概要

2019年第1回 TACTセミナー
住宅市場も平成の次の時代へ  消費増税後に優位に立つ戦略


 

セミナーのポイント

市場動向平成の住宅市場動向を振り返る メーカーVSビルダーの構図の変化
2019年予測消費増税後の支援制度の効果は? リフォームは駆け込みで動く?
業界展望グループ化、M&Aが進み、業界勢力図は細分化する?
メーカー動向ハウスメーカーの今年の販売力は? 各社のトレンド・課題を分析
ビルダー動向大手ビルダー業績は明暗分かれ、100~200億円ビルダーが堅調に伸ばす
 

セミナー内容

午前の部

Ⅰ.2018年総括~住宅市場と大手住宅メーカーの動向 (10:00 ~ 11:00)

1.【受注】長期低迷から終盤「上向き」、【集客】プラス基調続く

  • 戸建請負/10月消費増税「正式表明」で潮目変わる
  • 戸建分譲/マダラ模様も低金利・地価上昇で一次取得の動き活発
  • アパート/ローン引き締めでオーナー慎重、地方中心に苦戦続く
  • 集客/休日当たりプラス基調で推移、中身濃く潜在客も顕在化の兆し

2.住宅【健闘組】は廉価版など、業績【好調組】は多角化などバリエーションが鍵

  • 住宅/廉価版2,000万円台:好調、3,000万円台:様子見、富裕層:堅調
  • 消費増税後/ボリューム小さな「富裕層」も重要ターゲット
  • 多角化/積水ハウス「道の駅プロジェクト」、大和ハウス「物流施設」等

講師:(株)住宅産業研究所 住宅産業エクスプレス   岩澤 忠昭
 

Ⅱ.2020年以降の縮小市場を見越して準備して欲しい「3つ」のこと(11:10 ~ 12:10)

1.TACTセミナー恒例? 忖度なしで主要ハウスメーカーの今年の販売力を占う

  • 「新体制」落ち着けるか積水、跳ねられるか大和、更に変わるか化学、住林
  • 「グループ連携」真剣に連携開始で化けられそうな三井、化けて欲しいPHs、ミサワ
  • 「一本足の次」ブリンカーで能力1.3倍旭化成&一条の新展開は?

2.2019年は次の経営を考えるための重要な1年

  • 「戸建」~建替・二世帯は更に減少。最後は「不動産力」で勝ち負けは決まる?!
  • 「戸建以外」~戸建が厳しくなると言い出す「リフォーム」にはもう飽きた…
  • 「人材」~「定着率が上がった」と聞くけど、甘くなっただけなのでは?

番外編:父と娘の就職活動日記~「パパ、私住宅営業になりたいの」と突然言われ…

  • 第1話【インターン編】
  • 育て間違えた? 父と娘の現在進行形の実録。売り手市場の中「就職戦線異状なし?」

講師:(株)住宅産業研究所 専務取締役   清水 直人
 

午後の部

Ⅲ.消費増税の年、時代が動く年、次世代に向けての秘策 (13:00 ~ 14:10)

1.消費増税の今年の市場は? 企業は? 2019年はどういう年になるか

  • 消費増税の駆け込みと反動減は限定的、住宅着工はどう動くか、目標95万戸
  • 13年ローン減税、住まい給付金拡充、次世代住宅ポイントの恩恵は如何ほどか
  • 難しい舵取りをしながら1年半は適温で動く、2020年後半の動き方を見据える

2.住宅業界の多角化で、勢力図の細分化は一層進む

  • グループ化、M&Aが進む業界で勝ち残る企業選別はより進んでいく
  • 攻めるビルダー、縮小するハウスメーカー市場、この勢力図に異変はあるか
  • 未開拓市場で戦う…非住宅と海外、徐々に増えてきたIoT住宅への取り組み

3.今年が攻め時の大型リフォーム、ストック流通市場は2020年から攻め

  • リフォームは駆け込みあり? 大型リフォーム3月まで契約狙うシニア層
  • 昨年始まったストック制度は助走段階、今年もじわりと浸透
  • 平成の次の時代はストックが主流になる、シェアリングエコノミーの時代

講師:(株)住宅産業研究所 代表取締役   関 博計 
 

Ⅳ.住宅メーカーが新時代に主役になるためにはどんな戦略が必要か (14:20 ~ 15:30)

1.ハウスメーカーにとって”平成”はどんな時代だったか

  • 平成は“量”から“質”への転換期、新時代には何を考える?
  • 人生100年時代にアピールする「家の寿命」と「返済時期」

2.このところの「ビルダーシェア>メーカーシェア」の理由を考える

  • 最近の購入者は「会社ブランド」よりも「建てた後のコスト」
  • ボリュームゾーン開拓は急務~セカンドブランド、平屋、企画型

3.新時代を切り開くハウスメーカーの新商品戦略

  • VRやCAD進化、スマートスピーカー普及で住宅IoT化加速する?
  • クローズドからオープン化を目指せ、柔軟な発想が未来を切り開く

講師:(株)住宅産業研究所 マーケティング部 チーフマネージャー   関 和則 
 

Ⅴ.平成後半はビルダー成長の時代、次の時代を勝ち抜くのは? (15:40 ~ 16:50)

1.今元気なビルダーは何処か 大手好調ビルダーの最新動向

  • ビルダーの巨大グループ化進む 1000億円ビルダーの次の一手は?
  • 100~200億円ビルダーは堅調、エリアを広げるか多角化するか

2.50~200棟ビルダーは新発想で一段上のステージへ上がるか

  • 柔軟な発想を持つ新世代ビルダーが各地で台頭し始める
  • 海外進出は住宅事業よりも間接業務のアウトソースや住宅周辺の関連事業

3.VSメーカーはコスパ勝負、VSビルダーはブランディングで差別化を

  • 自社は消費者にどのように見られている? そもそも競合他社より知られているか?
  • 提供するモノとコトから自社のブランドを考える 一番のUSPは何か
  • 地域密着型のブランディングは、WEB、紙以外の媒体も広告宣伝に活用できる
  • 商品・サービス・ヒトに加え、安心感を如何に伝えるか

講師:(株)住宅産業研究所 TACT編集部 編集長   布施 哲朗 
 
※セミナー内容は、一部変更になることがあります。
※午前と午後の両方にご参加される方は、昼食は近隣店舗等にて各自でお願い致します

 

セミナー日程

開催日時 時間(全日程共通) 場所
2月 21 日(木)

[午前の部]
10:00 ~12:10
(受付は9:30~)

[午後の部]
13:00 ~16:50
(受付は12:30~)

名古屋会場 ミッドランドホール会議室 (各線「名古屋」駅より徒歩5分 )
2 月 22 日(金) 大阪会場 トラストシティカンファレンス・新大阪 (各線「新大阪」駅より徒歩5分 )
2 月 25 日(月) 東京会場 UDXギャラリーNEXT (各線「秋葉原」駅より徒歩4分 )

※会場の詳細ならびに地図は、お申し込み後にお送りする受講証にてご案内いたします。
 

セミナー受講料金(税込)

【午前の部+午後の部】
TACT・リフォーム・エクスプレス会員(無料枠使用) 10,000円/名(税込)
TACT・リフォーム・エクスプレス等、各種会員 40,000円/名(税込)
 一般受講者(非会員) 45,000円/名(税込)

※午前の部のみの参加は不可とさせていただいております
※午後の部では2月末期限の無料枠が使用できます。TACTリフォーム・エクスプレス会員無料枠は1口につき1名が参加可能です。

 

【午後の部のみ】
TACT・リフォーム・エクスプレス会員(無料枠使用) 無料
TACT・リフォーム・エクスプレス等、各種会員 30,000円/名(税込)
 一般受講者(非会員) 35,000円/名(税込)

※2月末期限の無料枠が使用できます。TACTリフォーム・エクスプレス会員無料枠は1口につき1名が参加可能です。

 

お申込み方法について

・お申込みフォーム
・お申込み用紙(PDF)をメール送付もしくはFAX
いずれかの方法でお願いいたします。
申込方法についてご不明な点がございましたら『よくある質問-セミナーについて-』をご覧いただくか、
それでも解決しない場合は、tact@tact-jsk.co.jp までお問合せください。
 

お申込みフォーム
[contact-form-7 404 "Not Found"]
 お申込み用紙(PDF)

 お申込み用紙(PDF)

送付先は、メール(info@tact-jsk.co.jp)もしくはFAX(03-3350-0839)宛にお願いいたします。